版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
新TOEIC TEST正攻法で攻めるパート7読解問題 小石 裕子(著) - 語研
....

新TOEIC TEST正攻法で攻めるパート7読解問題 音読と文法の復習で実力アップ

発行:語研
A5判
縦210mm 横148mm
184ページ
並製
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-87615-220-9
Cコード
C0082
一般 単行本 英米語
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2010年12月
書店発売日
登録日
2010年11月22日
最終更新日
2013年10月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

重版情報

3刷 出来予定日: 2015-07-29
2刷 出来予定日: 2015-01-28
昨年からクチコミで広がり、今年1月の増刷に次いで今回は大増刷です。「長文をしっかり読み解けない」入門・初級者のために、TOEICのパート7(長文問題)を題材に、英文読解の基礎と実力養成をめざす教材です。CDも付属で、音読でのトレーニングも可能。そのあたりの丁寧さが評価されています。

紹介

攻略法や頻出パターンをマスターしただけでは、Part 7(長文読解問題)の得点はなかなか上がりません。本書は、英文を頭から読み、後戻りすることなく理解する「速読力」と、意味のかたまりごとに理解する「読解力」を鍛え、制限時間内に全問解き終えられる英語処理能力の向上をめざします。

目次

はじめに
本書の特長と使い方
TOEICテストの概要とPart 7の取り組み方

【Chapter 1 質問タイプ別攻略法】
1. 質問タイプの分類と攻略法
2. 質問タイプ別の攻略例
3. 読解力アップのために、しっかり復習!!

【Chapter 2 英文の基本構造と読み下し方】
1. 基本文構造のとらえ方
2. つなぎの働きをする語句
3. 形容詞の代わりをする分詞
4. 分詞構文
5. 不定詞構文
6. 代名詞の指すもの
7. 関係詞(関係代名詞、関係副詞、複合関係詞)
8. 並列構造
9. 特殊構文

【Chapter 3 問題文の種類別攻略法】
1. 商業広告
2. 求人広告
3. 通信文
4. 請求書、通知書、メモなど
5. 記事

【絶対覚えたい頻出語句】
1. 同義語問題の予想
2. 動詞
3. 副詞
4. 形容詞
5. 名詞

【まとめの模試】
模試問題
模試解答・解説
音読用英文
解答用紙

前書きなど

≪はじめに≫
 TOEIC(R) TESTを受け始めて17年になりますが、パート7がずいぶんむずかしくなったなあ、というのが実感です。やはり「情報を抜き取り読み」するだけではダメで、全文を読み消去法で選ぶ問題、ひっかけがある問題が増えてきたせいだと思います。多量の英文の大意を正確にとるには、頭から意味の切れ目を適切にとらえて、ザクッ、ザクッと概念を頭の中に叩き込んでいくことが必要です。それには、攻略法だけでなく、英文の基本構文をさっとおさらいして、しっかりした読解力を基盤にして速読力をあげていく必要があると思います。
 本書では、まずTOEICの長文の出題形式に馴染み、その長文を読みこなしていくための英文読解の基礎を復習します。そのうえで音読による読み下し練習を行い、実戦問題に取り組んでもらう構成にしました。音読により、英語を意味のかたまりごとに、「理解していく」練習ができ、知らない間に語彙の増強、リスニング力の向上も期待できます。ぜひ付属のCDも駆使して、本書の特色を充分活用しながら、真のパート7制覇力を培っていただけるよう祈っています。

小石裕子

著者プロフィール

小石 裕子  (コイシ ユウコ)  (

京都産業大学、日米英語学院非常勤講師。
主に、TOEIC、TOEFL、英検等の資格試験対策を指導。英検1級、TOEIC990点。著書に『新TOEIC TEST文法問題スピードアップ攻略法』(語研)、『新TOEIC テスト「出どころ」がわかる完全模試』(中経出版)、『新TOEIC テストスーパー英単語』『新TOEIC TEST 英文法出るとこだけ!』をはじめとする『TOEIC 出るとこだけ』シリーズ、『新TOEIC テスト中学英文法で600点!』(アルク)、『初挑戦のTOEIC TEST 470点突破トレーニング』(かんき出版)などがある。TOEICは毎回受験。

上記内容は本書刊行時のものです。