版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
はじめよう韓国語 金 裕鴻(著) - 語研
....

はじめよう韓国語

発行:語研
A5判
272ページ
並製
定価 2,400円+税
ISBN
978-4-87615-169-1
Cコード
C0087
一般 単行本 各国語
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2008年7月
書店発売日
登録日
2015年8月22日
最終更新日
2015年8月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

文字の仕組みと発音のルール、文章を作るうえでの基礎知識を詳しく丁寧に解説しました。学習者がつまずきやすいポイントや各章で説明しきれなかった項目をQ&A形式でまとめてあります。会話や作文に便利な「活用表」も付いています。これから韓国語をはじめる方、基礎からやり直したいとお考えの方に最適の一冊です。

目次

はじめに
本書の構成と使い方
Ⅰ 韓国語について
Ⅱ 文字と発音
Ⅲ 文章の基本
Ⅳ 様々な表現
Ⅴ ここが知りたいQ&A
Ⅵ 活用表
文法事項索引

前書きなど

《はじめに》
 韓国語の学習者が増えています。日本で実施されている「ハングル能力検定試験」第一回目の1993年春の受験者数は、2,010人でしたが、第29回目の2007年春は、13,407人と6倍以上に増えました。学習書も増え、いろいろな本が書店に並べられています。うれしい話です。
 1970年頃から韓国語学習者のお手伝いをしてきた私の周りには、今も韓国語の学習者が大勢います。韓国語を習ってすぐにでも使ってみたい人が増えました。
 ところで、外国語は通じればよいという言葉があります。私もこのことをよく口にしますが、ただ通じるだけでは物足りないと思う学習者は意外と多いのです。あいさつひとつでも言葉の意味を正確に理解してきちんと使いたい、と思っているからです。このような韓国語の初心者のために書いたのがこの本です。
 1987年に(株)語研から出版された拙著『初めて学ぶ韓国語』は、幸いご好評をいただいていますが、質問もたくさんいただきました。これらの質問を踏まえ、これまでの私の経験をフルに活用した集大成です。これから韓国語をはじめられる方、もう一度韓国語の基礎を固めたいという方にぴったりの内容です。
 本文の解説で文法を理解し、CDを活用してきれいな発音や言い回しを身に付けてください。皆さんの韓国語力向上のお手伝いができれば幸いです。
 最後にこの本の出版を熱心に勧めてくださった(株)語研の山口貴久枝さん、原稿整理と校正を担当してくれた星文子さん、そしてCDの吹き込みを担当した鄭洲さんに心から感謝します。

 2008年6月吉日
金 裕鴻

著者プロフィール

金 裕鴻  (キム ユホン)  (

 1933年ソウル生まれ。1955年来日。明治大学政治経済学部卒業。同大学院政治修士課程修了。1963年にNHK国際局に入り、アナウンサーとなる。NHKラジオ「アンニョンハシムニカ ハングル講座」講師、早稲田大学、慶応大学外国語学校、(財)アジア・アフリカ語学院、朝日カルチャーセンターなどで語学講師を務める。著書に『初めて学ぶ韓国語Ⅰ・Ⅱ』『トラベル韓国語会話手帳』(語研)、『韓国語・はじめの一歩まえ』『韓国語会話とっさのひとこと辞典』(DHC)、『韓国がわかる。ハングルは楽しい!』(PHP新書)、『ハングル入門』(講談社学術文庫)、『しっかり学ぶ韓国語』(ベレ出版)、『言葉が通じてこそ友達になれる』韓国語を学んで・茨木のり子・金裕鴻(筑摩書房)など多数ある。

追記

使える・話せる・韓国語単語

上記内容は本書刊行時のものです。