版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
四元数の発見 矢野 忠(著) - 海鳴社
.

四元数の発見

発行:海鳴社
A5判
縦215mm 横153mm 厚さ18mm
重さ 400g
216ページ
上製
定価 2,000円+税
ISBN
978-4-87525-314-3
Cコード
C1041
教養 単行本 数学
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2014年9月
書店発売日
登録日
2014年8月19日
最終更新日
2014年12月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

 近世、虚数が発見され、人類は新たな局面を迎えたが、そこで終わりではなかった。虚数を乗り越える新たな数の体系がハミルトンによって摸索され、三元数が試みられるものの成功せず、四元数に至る!
 著者は四元数創造の秘密を本書で追体験し、現代に通用する四元数と回転の関係をも明らかにする。

目次

はしがきv
第1 章四元数に近づく1
第2 章四元数の発見13
第3 章Hamilton のノートの解読28
第4 章四元数と空間回転1 49
第5 章四元数と空間回転2 70
第6 章四元数と空間回転3 83
第7 章空間回転とSU(2) 102
第8 章べクトルの空間回転120
第9 章Euler 角と空間回転128
第10 章球面線形補間152
第11 章四元数の広がり187
あとがき207

前書きなど

 四元数とはよくわからないものだという印象が私にはあった.あまり深刻には考えないで四元数を使って創造的な仕事をすればよいという立場もあるだろうが,やはりHamiltonが四元数を考え出した原点に帰って理解したいという気持ちが強かった.
 すべての学生,技術者および研究者が私と同じ気持ちを抱くかどうかはわからないが,Hamilton が四元数を考案した創造の秘密や四元数と回転の関係をできるだけ理解したいと思った,その気持ちの一端を汲んで頂ければ,著者としてこれ以上の喜びはない.

著者プロフィール

矢野 忠  (ヤノ タダシ)  (

愛媛大学名誉教授

上記内容は本書刊行時のものです。