版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
オリヴァー・ヘヴィサイド ポール J.ナーイン(著) - 海鳴社
.

オリヴァー・ヘヴィサイド ヴィクトリア朝における電気の天才――その時代と業績と生涯

発行:海鳴社
A5判
縦216mm 横155mm 厚さ41mm
重さ 850g
576ページ
上製
定価 5,000円+税
ISBN
978-4-87525-288-7
Cコード
C3042
専門 単行本 物理学
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2012年4月
書店発売日
登録日
2012年3月8日
最終更新日
2012年5月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「ヘヴィサイド? 何をした人ですか?」
――それは,あのマクスウェルの方程式を,今日知られる形に定式化した男である.独身・独学の貧しい奇人が,最高レベルの仕事をなしとげ,権力者や知的エリートに一歩も譲ることなく堂々と論争を行なった.学問上最終的には勝利したものの得たものは少なく,そして忘れ去られた.

目次

ジョンズ・ホプキンス版への序文
第1章 ヘヴィサイドの生い立ち
第2章 青少年時代
第3章 初期の電信理論
第4章 電信に関するヘヴィサイドの初期の研究
第5章 えせ科学者
第6章 マクスウェルの電気学
第7章 ヘヴィサイドの電気力学
第8章 プリースとの闘い
第9章 四元数をめぐる大戦争
第10章 奇妙な数学
第11章 地球の年齢をめぐる論争
第12章 隠棲者の晩年
第13章 終 章
訳者あとがき


前書きなど

 私は,ヘヴィサイドの文句なしの崇拝者として,本書を書き始めた.彼は文字通り私のヒーローであった.……私は,一方は零落した天才であり,一方は尊大で知ったかぶりの政府の役人ともったいぶった大学の数学者という型通りの設定を受け入れた.善良で年老いたヘヴィサイド! 彼は連中に対し,善良な人間は抑圧できないことを示したのだ.ヘヴィサイドよ,やつらを思い切りやっつけろ!(著者・序文より)

上記内容は本書刊行時のものです。