版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
レーニンの誤りを見抜いた人々 鈴木 肇(著) - 恵雅堂出版
.

レーニンの誤りを見抜いた人々 -ロシア革命百年、悪夢は続く-

発行:恵雅堂出版
新書判
縦173mm 横109mm 厚さ103mm
重さ 201g
236ページ
並製
定価 1,060円+税
ISBN
978-4-87430-039-8
Cコード
C0236
一般 新書 社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2014年11月
書店発売日
登録日
2014年10月17日
最終更新日
2015年12月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2015-02-15 産經新聞

紹介

ソ連で出版された革命史はほとんどが《偽書》だった。それは権力闘争での勝者の側からの英雄物語だった。残念ながらわが日本では「いつわりの歴史」の影響は歴史書に、とりわけ学校教科書にまでおよんでいる。日本の世論形成に大きな影響を与えていた学者、知識人は一般に、ロシア革命を理想化していたきらいがある。彼らは一九一七年の二月革命と帝政の終わりを歓迎したが、それに伴う社会秩序の崩壊の恐怖を知らなかった。それから百年あまり、悪夢はなおも続いている。(「序文」より抜粋)

目次

まえがき

ロシア社民主義の英才ポトレソフ
 レーニンの同志から政敵へ/親西欧・「祖国防衛派」を率いる
   はじめに
   軍人貴族出身の優等生がなぜ
   最高級のすぐれたレーニン論
   亡命せず国内で困難な活動
   二月革命に不安、党多数派と決裂
   逮捕され、衰弱状態で出国
   未来は「民主主義的な社会主義」に

ロシア社民主義の父アクセリロード
 「反レーニン、反独裁」を貫く/柔軟な戦術家、広い国際人脈
   はじめに
   極貧のユダヤ人の子がやがて…
   二月革命で帰国、永久亡命へ
   「民主主義的な社会主義」の先駆者
   アクセリロードの主な社民関係者リスト
▽ゲオルギー・プレハーノフ ▽ヴェーラ・ザスリッチ
▽レフ・ジエイチ ▽ユーリー・マルトフ
▽アレクサンドル・ポトレソフ ▽イラークリー・ツェレテリ
▽フョードル・ダン ▽リジヤ夫人 ▽ピョートル・ストルーヴェ
▽ボリス・ニコラエフスキー ▽ウラジーミル・ヴォイチンスキー
▽ラファイル・アブラモビッチ ▽イサーク・アストロフ
▽ボリス・ボグダーノフ ▽エヴァ・ブロイド
▽ピョートル・ガルヴィ ▽ダビード・ダーリン
▽アナトーリー・デュブア ▽オシップ・エルマンスキー
▽ノイ・ジョルダニヤ ▽ボリス・サピール
▽サムイル・シチューパク

栄冠を取り戻すプレハーノフ
 レーニンの危険性を見破る/亡命37年、祖国防衛の愛国者に
   はじめに
   人柄と政治的な立場の複雑さ
   「修正主義」との度を越した闘い
   レーニンとは論争、妥協、決裂へ
   ロシア・マルクス主義の悲劇の象徴

マルクス学大家の明暗
 リャザーノフとニコラエフスキー
   はじめに
   多彩な活躍、永遠の批判者
   スターリン体制下で粛清犠牲者に
   哲学は独裁者の従僕となる
   ロシア研究者の師父で恩人

改革一筋の人民社会党
 過激ロシアで良識を貫く
   はじめに
   「知識人の党」、専門家がずらり
   マルクスの思想をきびしく批判
   土地国有化は自治、協組の発展と一体
   ミハイロフスキーの思想を受け継ぐ
   愛国心は人道主義とともに
   人民社会党綱領(要旨)
◇人と市民の諸権利 ◇最高統治 ◇地方および地域行政
◇裁判所 ◇行政 ◇軍隊 ◇国民経済
◇国民教育、教会の地位 ◇諸国民間の関係
   人民社会党の要人たち
▽アレクセイ・ペシェホーノフ ▽ベネディクト・ミャコーチン
▽ニコライ・アンネンスキー ▽ワシーリー・セメフスキー
▽アレクサンドル・チトフ ▽セルゲイ・メリグーノフ
▽ウラジーミル・チャルノルスキー

ドイツとロシアの社民党
 深い絆をレーニンが断つ/「右派」の力が明暗を分ける
   はじめに
   独社民党が政権に返り咲くまで
   露社民党は分裂と敵対
   労働運動と市民社会の成熟にへだたり
   独露社民党は兄弟のように親密
   国内戦で赤軍支持の誤り
   「右派」の重要性に再評価を

救国思想家ストルーヴェを知ろう
 独裁と戦い、自由保守主義を大成
   はじめに
   知的エリートの子がマルクス主義者に
   レーニンと出会い、やがて対立
   解放同盟から立憲民主党へ
   『道標』で急進知識人を批判
   白軍に加わり、危険な亡命
   反ナチスに徹し、日本に期待
   ソ連は続いたが現実は?
   工業化は経営の自由に基づいて
   「真昼の暗黒」から光を求めて
   「ストルーヴェの見解(要点)
▽資本主義 ▽国家 ▽革命 ▽ストルイピン ▽チチェーリン
▽プーシキン ▽ツルゲーネフ ▽ドストエフスキー
▽日ソ、中国の相関関係

レーニンも恐れた名将ウランゲリ
 クリミア撤退で十四万人余を救う/ロシア国内戦史の大逆転を
   はじめに
   味わい深い劇「逃亡」を見て
   クリミアで画期的な土地改革
   苦難の亡命生活、白軍再起の試み
   白軍運動への誤解を晴らすとき
   ウランゲリ関係の将軍その他
▽アレクセーエフ ▽コルニーロフ ▽デニキン
▽コルチャーク ▽ユデニッチ ▽クラスノフ ▽ペトリューラ
▽カレーディン ▽クルイモフ ▽ドゥホーニン
▽ルコムスキー ▽ロマノフスキー ▽ヴェルホフスキー
▽マフノ

年表/参考文献
 ロシア史(年表)
 独露社民党史(年表)
 主な参考文献

前書きなど

ソ連で出版された革命史はほとんどが《偽書》だった。それは権力闘争での勝者の側からの英雄物語だった。残念ながらわが日本では「いつわりの歴史」の影響は歴史書に、とりわけ学校教科書にまでおよんでいる。日本の世論形成に大きな影響を与えていた学者、知識人は一般に、ロシア革命を理想化していたきらいがある。彼らは一九一七年の二月革命と帝政の終わりを歓迎したが、それに伴う社会秩序の崩壊の恐怖を知らなかった。それから百年あまり、悪夢はなおも続いている。(抜粋)

版元から一言

ロシアでは、なぜ、民主主義が開花しないのか。
木村汎(北海道大学名誉教授、ロシア政治専攻)
プーチンは、日増しに独裁傾向をあらわにしつつある。ロシアでは、なぜ、民主主義が開花しないのか。いや、ヨーロッパで生れたような社会民主主義すらタブーなのか。この謎の解明に真っ向から挑んだ本書によって、我々は初めて知る。一九世紀末~二〇世紀初めのロシアにおいて穏健社会主義の提唱者たちが、急進的なボリシェビズムを説くレーニン、スターリンによって次から次へと圧殺されていった悲劇の歴史を。

著者プロフィール

鈴木 肇  (スズキ ハジメ)  (

昭和2年東京に生まれる。
昭和26年早稲田大学ロシア文学科を卒業し、産経新聞に入社。
外信部でソ連問題を担当(在社は平成2年まで)。
昭和41~44年モスクワ支局長。
昭和56~62年ふたたびモスクワ支局長。
昭和63年論説委員。
平成2~9年東京家政学院筑波短期大学国際教養科教授。
平成6~9年同 国際教養科長。
平成9~14年平成国際大学法学部教授。退職後、名誉教授。
専 攻:ロシアの思想と文化、特に自由主義と社会主義の歴史
主な著書
『ソ連共産党』(教育社)
『ソ連反体制知識人』(教育社)
『素顔のモスクワ』(日本教文社)
『ロシア自由主義』(イセブ)
『人物ロシア政治・文化史』(イセブ)
『解禁資料の新レーニン伝』(イセブ)
『人物ロシア革命史』(恵雅堂出版)
『不滅の敗者ミリュコフ』(恵雅堂出版)

上記内容は本書刊行時のものです。