版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
自然エネルギーの罠 武田恵世(著) - あっぷる出版社
.

自然エネルギーの罠 化石燃料や原子力の代わりになり得るエネルギーとはなにか

四六判
縦188mm 横128mm 厚さ15mm
重さ 320g
240ページ
並製
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-87177-327-0
Cコード
C0054
一般 単行本 電気
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2015年3月
書店発売日
登録日
2015年2月9日
最終更新日
2015年3月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2015-05-17 東京新聞/中日新聞

目次

Ⅰ 自然エネルギーを推進することで原発を止められるか
Ⅱ なぜ日本で盛んに自然エネルギー発電所が造られるのか?
Ⅲ 風力発電の罠
Ⅳ 太陽光発電の罠
Ⅴ 自然エネルギーの現状と未来
Ⅵ 自然エネルギーによる様々な発電方法を検証する
Ⅶ 水力発電
Ⅷ 地熱発電
Ⅸ 災害に強いエネルギー
Ⅹ エネルギーの将来への問題
Ⅺ エネルギーの未来予測

前書きなど

私は、風力発電の実態について更に徹底的に調べ上げました。その結果わかったことを、『風力発電の不都合な真実』(アットワークス)という本にも書きました。それからも、自然エネルギーについて更に調査し続けてきました。調べる際のポイントは、
1.化石燃料の消費量を削減できるか?
2.自然環境に優しいか?
3.人間生活に悪影響はないか?
4.利益は得られるか?
5.将来性はあるか?
6.成功例はあるか?
 でした。
 その結果、ほんとうに将来性のある良い自然エネルギーと、イメージだけで将来性のない悪い自然エネルギーの2種類があることがわかりました。イメージだけで実用性のない悪い自然エネルギーをいくら増やしても、原子力発電所や火力発電所を減らすどころか、むしろ増設が必要になることもあります。
 自然、という言葉のイメージに惑わされ、自然だからすべていいものだろうと思いがちな自然エネルギーとは、ほんとうはどんなものなのでしょうか。ほんとうにそれは環境に優しく、人にも優しく、人類の未来を明るくしてくれるものなのでしょうか。
 この本では、私が行ってきた調査結果を、わかりやすく対話形式で書いていきたいと思います。
 私たちは、言葉のイメージからか、ついつい「自然エネルギー」はいいものだと考えてしまいがちです。しかし、それは一種の甘い罠でもあるのです。

著者プロフィール

武田恵世  (タケダケイセ)  (

1957年三重県伊賀市生まれ
大阪歯科大学卒業、歯学博士
大阪大学附属病院、天理病院をへて、三重県伊賀上野市桑町で歯科医院を開業
日本生態学会、日本鳥学会会員
伊賀市環境保全市民会議レッドデータブック作成委員会委員長
環境省希少動植物種保存推進員
三重県公共事業環境検討協議会委員
介護認定審査会委員
三重県レッドデータブック作成委員会委員など
著書:『風力発電の不都合な真実』(アットワークス)、『伊賀のレッドデータブック』『三重県レッドデータブック』(いずれも共著)など
自然環境関係の論文:風力発電機による鳥類の繁殖への影響、日本列島におけるタカの渡り、カモ科鳥類が越冬する池の環境条件など

上記内容は本書刊行時のものです。