版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
アンテーロ・デ・ケンタルの全ソネット集 諏訪 勝郎(著/文) - えにし書房
.
詳細画像 0
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: 八木
直接取引: あり(トランスビュー扱い)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

アンテーロ・デ・ケンタルの全ソネット集 (アンテーロ デ ケンタルノゼンソネットシュウ) および、その生涯と思想に関する考察 (オヨビ ソノショウガイトシソウニカンスルコウサツ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:えにし書房
四六判
並製
価格 3,600円+税
ISBN
978-4-86722-123-5   COPY
ISBN 13
9784867221235   COPY
ISBN 10h
4-86722-123-6   COPY
ISBN 10
4867221236   COPY
出版者記号
86722   COPY
Cコード
C0097  
0:一般 0:単行本 97:外国文学小説
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2023年12月8日
書店発売日
登録日
2023年10月24日
最終更新日
2023年12月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

カモインス以後のポルトガル最大の詩人、アンテーロの全ソネット集、本邦初訳。
19 世紀後半、ポルトガルの革命的知識人として知られる一方、現在も「聖アンテーロ」と敬愛されるアンテーロ・デ・ケンタルの、詩人としての天賦の才に光を当てる。
詩作の集大成『全ソネット集』完訳に加え、彼の生涯をたどり、思想の深淵に迫る「アンテーロ・デ・ケンタルの風景」も収録。

目次

アンテーロ・デ・ケンタルの全ソネット集
 オリヴェイラ・マルティンスによる序文
  拾遺詩集
 全ソネット集(1860-1862)
 全ソネット集(1862-1866)
 全ソネット集(1864-1874)
 全ソネット集(1874-1880)
 全ソネット集(1880-1884)

アンテーロ・デ・ケンタルの風景―およびその生涯と思想に関する考察
 プロローグ
 第1 章 詩人としてのアンテーロ・デ・ケンタル
 第2 章 アンテーロをソネットへと導いたもの
 第3 章 サウダーデ
 第4 章 アンテーロにおけるソネットの意味
 第5 章 アンテーロのソネット(第1 期)
 第6 章 コインブラ時代
 第7 章 カジノ民主講演会―アンテーロにおける「革命」の定義
 第8 章 アンテーロとテイシェイラ・デ・パスコアイス、あるいはサウダーデの系譜
 第9 章 アンテーロにおける理性と感情の相剋
 第10 章 アンテーロのソネット(第4 期)―「合理的な、実証的な、社会的な詩は存在可能か? 現代、人間は詩的存在たりえるか?」
 第11 章 ヴィラ・デ・コンデ時代
 第12 章 結論、あるいは宇宙の法則としての「善」
 エピローグ―聖アンテーロ
 年譜

著者プロフィール

諏訪 勝郎  (スワ カツロウ)  (著/文

1966 年 愛知県生まれ。大阪芸術大学工芸学科卒(学長賞受賞)。
1998 年~2001 年 ポルトガル国立ポルト大学文学部、ポルトガル国立ミーニョ大学文学・人文科学院留学。
ラ・サール中学・高等学校「倫理」を担当。
著書『ポルトガル・ノート─文学・芸術紀行 魂の源流をもとめて』(彩流社、2006 年)、『サウダーデということ─ポルトガルの魂についての考察』(同上、2008 年)。共著『ひびきあう日本文化と福音─三者三様のおもい』(阿部仲麻呂 ・髙橋勝之、教友社、2023 年)。
そのほか「ポルトガルのこころ」(長崎新聞「史談・史論」、2011 年)、「奄美大島におけるカトリック医療」(『日本カトリック医療施設協会50 周年記念誌』所収、2014 年)、「奄美大島の信仰─福音を生きる」(カトリック新聞連載、2021 年)など。

上記内容は本書刊行時のものです。