版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
天皇の系譜と三種の神器 林 順治(著) - えにし書房
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: 八木
直接取引: あり(トランスビュー扱い)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784867221075

天皇の系譜と三種の神器 皇位継承のシンボル 鏡・玉・剣の物語

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:えにし書房
A5判
並製
価格 2,000円+税
ISBN
978-4-86722-107-5   COPY
ISBN 13
9784867221075   COPY
ISBN 10h
4-86722-107-4   COPY
ISBN 10
4867221074   COPY
出版者記号
86722   COPY
Cコード
C0021  
0:一般 0:単行本 21:日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2022年2月20日
書店発売日
登録日
2022年1月7日
最終更新日
2022年2月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

古代、中世、近代、そして現在に至るまでの天皇制と皇位継承のシンボル鏡・玉・剣(三種の神器)がいかなる意味とどのような価値をもったのか世界的視野から見直す。
とりわけ『神皇正統記』を通して中世日本の天皇家と台頭する武士との葛藤・内乱の南北朝動乱を物語る、林古代史最新作。

〈目次〉

はじめに
第1部
 序 章 三種の神器の由来
 第1章 皇位継承のシンボル
 第2章 記紀神話の三種の神器
 第3章 太安万侶の古事記序文
第2部
 第4章 『神皇正統記』と北畠親房
 第5章 『神皇正統記』にみる後醍醐天皇
 第6章 南北朝論争
おわりに

目次

はじめに
第1部
 序 章 三種の神器の由来
 第1章 皇位継承のシンボル
 第2章 記紀神話の三種の神器
 第3章 太安万侶の古事記序文
第2部
 第4章 『神皇正統記』と北畠親房
 第5章 『神皇正統記』にみる後醍醐天皇
 第6章 南北朝論争
おわりに

著者プロフィール

林 順治  (ハヤシ ジュンジ)  (

旧姓福岡。1940年東京生れ。東京空襲の1年前の1944年、父母の郷里秋田県横手市雄物川町深井(旧平鹿郡福地村深井)に移住。県立横手高校から早稲田大学露文科に進学するも中退。1972年三一書房に入社。取締役編集部長を経て2006年3月退社。
著書に『馬子の墓』『義経紀行』『漱石の時代』『ヒロシマ』『アマテラス誕生』『武蔵坊弁慶』『隅田八幡鏡』「アマテラスの正体」『天皇象徴の日本と〈私〉1940-2009』『八幡神の正体』『古代七つの金石文』『法隆寺の正体』『日本古代国家の秘密』『ヒトラーはなぜユダヤ人を憎悪したか』『「猫」と「坊っちゃん」と漱石の言葉』『日本古代史問答法』『エミシはなぜ天皇に差別されたか』『沖縄!』『蘇我王朝の正体』『日本古代国家と天皇の起源』(いずれも彩流社)。『応神=ヤマトタケルは朝鮮人だった』『仁徳陵の被葬者は継体天皇だ』(河出書房新社)『日本人の正体』(三五館)『漱石の秘密』『あっぱれ啄木』(論創社)『日本古代史集中講義』『「日本書紀」集中講義』『干支一運60年の天皇紀』『天皇象徴の起源と〈私〉の哲学』『改訂版・八幡神の正体』『日本古代史の正体』『天武天皇の正体』『日本書紀と古事記』(えにし書房)。

上記内容は本書刊行時のものです。