版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
あなたを「認知症」と呼ぶ前に 出口 泰靖(著) - 生活書院
...

あなたを「認知症」と呼ぶ前に 〈かわし合う〉私とあなたのフィールドワーク

発行:生活書院
縦210mm
437ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-86500-058-0
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2016年9月
登録日
2016年10月20日
最終更新日
2016年10月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2016-11-11 週刊読書人
評者: 好井裕明=日本大学文理学部教授・社会学・エスノメソドロジー専攻

紹介

「ケアされる側」にたたされるその人たちの、それだけではない「生のいずまい、たたずまい」に魅かれた著者が、自らの「とまどい、まよい、失態」を見つめつつ、その人たちと私"との体験"を汲みとり、聞きとり、描きだす中から、これまでとりこぼされてきたさまざまなことがらを浮かび上がらせる、"身をもって"考えるフィールドワークの全貌。

目次

「本人は幸せだよね」ってマジかよ
第1部 かれらを「認知症」と呼ぶ前に(ケアしないフィールドワーカーじゃいられない!?
フィールドワーカーに涙はいらない ほか)
第2部 "交わし合う"こと、"かわし(躱し)合う"こと("ケアする"フィールドワーカーへ
「あなたがやらなくてもいいのよ」 ほか)
第3部 「自分」をみせる"交わし合い"(本人が"体験"をつぶやくケアの場へ
「小山のおうち」での"交わし合い" ほか)
第4部 「利用者」ではなく"その人"として(「利用者」ではなく"その人"へ
「認知症の当事者」越智俊二さんとの出会い ほか)
第5部 聴きとること、語る/騙ること("聴きとり"を聞きとる
「語り」は最期まで活かされるか ほか)
あなたを「認知症」と呼ぶ前に-「認知症」とされる人たちと私との"かわし合い"のなかで
認知症当事者の"姿"はどこにある?-愛知鉄道事故判決(「認知症徘徊事故訴訟」)に関する報道への疑問

上記内容は本書刊行時のものです。