版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
橋川文三 日本浪曼派の精神 宮嶋 繁明(著) - 弦書房
.

橋川文三 日本浪曼派の精神

発行:弦書房
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ18mm
320ページ
並製
定価 2,300円+税
ISBN
978-4-86329-108-9
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2014年11月
書店発売日
登録日
2014年10月21日
最終更新日
2014年11月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2015-03-01 東京新聞/中日新聞
評者: 富岡幸一郎(文芸評論家)
2015-02-01 新潮45  
評者: 平山周吉

紹介

名著『日本浪曼派批判序説』(1960)が刊行されるまでの前半生――丸山眞男、吉本隆明、竹内好らと交流を重ね、昭和精神史の研究で重要な著作を残した思想家・橋川文三(1922-1983)。その人間と思想の源流に迫る評伝。膨大な文献と「橋川ノート(日記)」や対談・座談から明らかになった新事実をもとに、日本浪曼派に魅惑された一高時代、丸山眞男を師表と仰いだ編集者時代等、若き日の軌跡をたどる。

目次

第1章 対馬・広島での原風景
    中学生から詩、短歌、エッセイを発表
第2章 一高時代
    日本ロマン派(保田與重郎)に惑溺
第3章 大学時代
    徴兵検査で丙種=学徒出陣できず勤労動員へ
第4章 編集者時代
    一家は離散、丸山眞男に親炙(=師事)
第5章 恋と革命
    一人の女性への純愛とマルクス主義との格闘
第6章 回生への道程
    療養生活、退院、結婚、学者の道へ
【橋川文三年譜】

著者プロフィール

宮嶋 繁明  (ミヤザワ シゲアキ)  (

1950年、長野県生まれ。明治大学政経学部卒。学生時代橋川文三に師事。現在編集プロダクション代表。著書『三島由紀夫と橋川文三《新装版》』(弦書房)。主要論文「戦争の『きずあと』―遅れてきた父の戦記」(「隣人」19号)など。

上記内容は本書刊行時のものです。