版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
もうひとつのこの世 渡辺 京二(著) - 弦書房
.

もうひとつのこの世 石牟礼道子の宇宙

発行:弦書房
四六判
縦128mm 横188mm 厚さ22mm
232ページ
上製
定価 2,200円+税
ISBN
978-4-86329-089-1
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2013年6月
書店発売日
登録日
2012年11月21日
最終更新日
2014年4月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2013-12-29 東京新聞/中日新聞
評者: 伊藤氏貴(文芸評論家)
2013-12-15 毎日新聞
評者: 池澤夏樹(作家)
2013-08-25 毎日新聞
評者: 中島岳志(北海道大学大学院准教授・日本政治思想史)
2013-07-21 朝日新聞
2013-07-07 東京新聞/中日新聞
評者: 三砂ちづる(津田塾大学教授)
2013-07-07 日本経済新聞

紹介

〈石牟礼文学〉の特異な独創性が渡辺京二によって発見されて半世紀。互いに触発される日々の中から生まれた〈石牟礼道子論〉を集成。現世と併存するもうひとつの現世=人間に生きる根拠を与える、もうひとつのこの世、とは何か。石牟礼文学の豊かさときわだつ特異性はどこにあるのか。その世界を著者独自の視点から明快に解きあかす。

目次

『苦海浄土』の世界/石牟礼道子の時空/石牟礼道子の自己形成/石牟礼道子小伝/「思想家」石牟礼道子/新たな石牟礼道子像を/生命の痛々しい感覚と言葉/『苦海浄土・第二部』の真価/『西南役伝説』と民話的語り/帰れない者たちの逆さ図/水俣という文学風土/詞章『不知火』の誕生/海へ還った『不知火』/『天湖』の構造

著者プロフィール

渡辺 京二  (ワタナベ キョウジ)  (

1930年、京都市生まれ。熊本市在住。日本近代史家。
主な著書『北一輝』(毎日出版文化賞、朝日新聞社)、『逝きし世の面影』(和辻哲郎文化賞、平凡社)、『江戸という幻景』『未踏の野を過ぎて』(以上、弦書房)、『黒船前夜―ロシア・アイヌ・日本の三国志』(大佛次郎賞、洋泉社)、『細部にやどる夢―私の西洋文学』(石風社)など。

上記内容は本書刊行時のものです。