版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
アジア独立と東京五輪 浦辺 登(著) - 弦書房
.

アジア独立と東京五輪 「ガネホ」(GANEFO)とアジア主義

発行:弦書房
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ14mm
192ページ
並製
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-86329-086-0
Cコード
C0021
一般 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2013年2月
書店発売日
登録日
2013年1月15日
最終更新日
2013年2月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2013-05-19 東京新聞/中日新聞

紹介

1964年(昭和39年)東京オリンピック開幕―この時、インドネシアが参加できなかったのはなぜか。
欧米主導のオリンピックと対峙して、インドネシア大統領スカルノが主導したアジア・アフリカを中心にしたもうひとつのオリンピック《ガネホ》=GANEFOに光をあてて、日本、欧米、東南アジアの関係史を検証し、「オランダ」「インドネシア」「近代化(欧化主義)」「オリンピック」「アジア主義」をキーワードに現代を読み解く。

目次

第一章 東京オリンピックの世紀
  東京オリンピック開会式
  オリンピックが抱える問題
第二章 オランダの帝国主義
  日蘭関係の発端、リーフデ号
  オランダの対日独占貿易への道
第三章 鎖国の時代
  出島での交易
第四章 開国前夜
  イギリスの「茶」から始まった植民地主義
  「茶」と奴隷貿易とアヘン密輸
第五章 インドネシア独立戦争
  青松寺のスカルノ碑
  アジア主義と大東亜会議
第六章 ガネホと東京オリンピック
  バンドン会議
  ガネホという対抗措置
〔関連年表〕

著者プロフィール

浦辺 登  (ウラベ ノボル)  (

昭和31年、福岡県生まれ。オンライン書店bk1では「書評の鉄人」の称号を得る。著書に『太宰府天満宮の定遠館』『霊園から見た近代日本』『東京の片隅からみた近代日本』(以上、弦書房)

上記内容は本書刊行時のものです。