版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
江戸の〈長崎〉ものしり帖 松尾 龍之介(著) - 弦書房
.

江戸の〈長崎〉ものしり帖

発行:弦書房
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ16mm
220ページ
並製
定価 2,100円+税
ISBN
978-4-86329-061-7
Cコード
C0021
一般 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2011年8月
書店発売日
登録日
2011年7月12日
最終更新日
2011年7月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

京都の医師が長崎遊学で見聞した風物を、当時としては画期的な挿絵入りで紹介した寛政十二年(一八〇三)のロングセラー『長崎聞見録』を口語訳し、わかりやすい解説、さらに新解釈の挿絵を付してまとめた現代版の長崎聞見録。一八〇三年刊行の『長崎聞見録』は全五巻からなる。その内容は、長崎の風俗からはじまって動物、植物、食料品、薬品、日用品、めずらしい道具、オランダ人・唐人の様子、長崎聖堂、お墓、漂流民の話、奇怪な海の生物にまで及び、それぞれの項目に挿画が付いている。

目次

松子魚/とくびれ/かかつがゆ/李仁山の医案 /長崎聖堂/唐斑猫/丁香皮/求肥/水揚奇器/ステレキ ワートル/ノヲサヨウ/スートホウトドロップ/カタアタ ス/ラガル/ヒユルテストロウクトミラフ/新製遠眼鏡/紅毛人外科箱

著者プロフィール

松尾 龍之介  (マツオ リュウノスケ)  (

昭和21年、長崎市生まれ。日蘭学会々員。〔主な著書〕『江戸の世界見聞録』(蝸牛社)、『マンガNHKためしてガッテン―わが家の常識・非常識』(青春出版社)、『長崎を識らずして江戸を語るなかれ』(平凡社)、 『長崎蘭学の巨人―志筑忠雄とその時代』(弦書房)

上記内容は本書刊行時のものです。