版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
霊園から見た近代日本 浦辺 登(著) - 弦書房
.

霊園から見た近代日本

発行:弦書房
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ15mm
240ページ
並製
定価 1,900円+税
ISBN
978-4-86329-056-3
Cコード
C0021
一般 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2011年3月
書店発売日
登録日
2011年2月18日
最終更新日
2011年3月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2012-05-20 東京新聞/中日新聞
評者: 浦辺登(文筆家)
2011-06-19 朝日新聞
2011-05-29 東京新聞/中日新聞

紹介

幕末から明治をへて昭和初期までのいわゆる近代史の中で頭山満を中心とした《玄洋社》の果たした役割がいかに重要だったのかを正面からとりあげた歴史書は少ない。本書は近代という日本の国家形成期に活躍した人物たちを、青山霊園、谷中霊園、泉岳寺、木母寺、築地本願寺など墓石に刻まれた人脈を《玄洋社》をキーワードとして読み解くことで再検証したものである。

目次

第1章 朝鮮半島をめぐる外交摩擦
青山霊園のあたり/外人墓地から/日清戦争の背景/金玉均の墓所にて
第2章 幕末から西南戦争まで
黒田長溥の墓所から/維新の策源地「延寿王院(えんじゅおういん)」/戦国大名の争奪地「博多」/西南戦争という価値転換
第3章 アジアとの関わり
玄洋社の看板、頭山満/自由民権団体の玄洋社/ロシアの南下政策とヒンターランド構想/宮崎滔天の「落花の歌」
第4章 近代化のはざまで
日露開戦の予言/新興宗教と病気なおし/宮沢賢治という宗教と科学を極めた人/エスペラント語と革命
第5章 日本近代化の総仕上げに向けて
「五箇条の御誓文」という近代化/ハルビン学院と杉原千畝/大杉栄と後藤新平の関係/犬養毅、後藤新平の産業立国主義

著者プロフィール

浦辺 登  (ウラベ ノボル)  (

昭和31年福岡県生まれ。福岡大学ドイツ語学科在学中から雑誌への投稿を行う。オンライン書店bk1では「書評の鉄人」の称号を得る。著書に『太宰府天満宮の定遠館』(弦書房)

上記内容は本書刊行時のものです。