版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
【テンバガー】10倍株運用入門 まずは2倍株で勝つ 朝香 友博(著) - アールズ出版
.

【テンバガー】10倍株運用入門 まずは2倍株で勝つ

四六判
220ページ
並製
定価 1,500円+税
ISBN
978-4-86204-266-8
Cコード
C0033
一般 単行本 経済・財政・統計
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2014年6月
書店発売日
登録日
2014年5月7日
最終更新日
2016年4月4日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

10倍目前まで迫りながら、下落に転じる銘柄もあれば、2~3倍程度で下落に転じる銘柄もある。
むろん、10倍になるのをただ待つのではなく、ところどころで利益確定をしていけばいいのだが、では、どのポイントで利益確定するのが効率的なのか?
また、ところどころで利益確定をするとすれば、何単元仕込めばいいのか?
さらに、撤退するとしたら、何がポイントになるのか?
こうした、10倍株を狙うにあたって、買った株をどのように運用していけばいいのかに焦点を当てたのが本書だ。
買い時同様、売り時も図解で明確に示してある。

また、大化け株発掘からテンバガー獲得まで、ストーリー仕立てでまとめられており、テンバガー獲得のノウハウが自然に身につく内容となっている。

目次

第1章 必要最低限だけでいい「テンバガー(10倍株)運用」入門
① 何を買うか
テンバガー(10倍株)になりやすい株とは/狙う銘柄の条件
② いつ買うか
【初公開】 誰でもできる「3つの買いタイミング」
③ いつ売るか
【初公開】誰でもできる「7つの売りタイミング」/誰でもできる「5つの利確タイミング」/撤退売りの2つのタイミング
④ どのようにして運用するか
保有銘柄数とリスク/同一業種に銘柄を集中させるな/投下資金の方程式
⑤ 10倍株法則の強み

第2章 まずは2倍株で勝ち、10倍株を目指す売買ケーススタディ
① 2010年からの売買事例
2010年の上昇上位銘柄に法則は通用するのか?
② 2011年からの売買事例
2011年の上昇上位銘柄に法則は通用するのか?
③ テンバガーを目指した運用戦略の有効性/2013年末までなら売買益3倍も
④ 2010-2011年の下落上位銘柄でも戦略は機能するのか
⑤ 10倍成長株の売買事例

第3章 株投資で勝つための10の知恵
① 勝ち組と負け組の差を知る
② 勝率20%でも負けない仕組み
③ まずは2倍株で勝つ!
④ 2倍株はいつでも出現する
⑤ なぜ2010年からブログを再開したのか
⑥ 景気指標で投資を有利に
⑦ 中長期投資に有利な5つの選択
⑧ 法則株の上昇がサプライズで加速する
⑨ 20%の上方修正で株価は2倍になる
⑩ 将来の業績を分析する

第4章ストーリーで学ぶ[テンバガー]10倍株運用入門
◎ショウタ、投資家デビューなるか?
◎いよいよ、投資家デビューへ
◎買い注文を出す
◎沖縄で投資家の視点を養う
◎なぜ、成功する投資家はゴルフがうまいのか?
◎国際見本市は成長株を発掘する宝庫である
◎ショウタ、2銘柄目で2倍株の獲得に成功する
◎ギリシャ危機から欧州債務危機へ
◎お宝株、瑞光を発掘する
◎「この円高は日本にとって最大のチャンス!」賢明なる事業家、カズ登場
◎2010年のショウタの監視銘柄について
◎海外で働く事が当たり前の時代
◎東日本大震災で涙の空売り
◎ヨシ、相場への逆張りで倒れる
◎この世をばわが世とぞ思ふ望月の欠けたることもなしと思へば
◎その後のショウタの売買

あとがき

前書きなど

はじめに

今までの株本にはなかった「図解とストーリー仕立て」で、
日本で一番やさしい「10倍株の運用法」を学べます!

「10倍株よりも2倍株が大事」
え、10倍株よりも利益の小さい2倍株が大事だなんてどういうことだ、日本で一番やさしい10倍株の運用法を教えてくれるのではないのか、といま思われた方は、ちゃんと考えて読んでいただいている方ですね。
投資で勝つにも、ビジネスで勝つにも、書いてあることや言われていることを考えもせずに鵜呑みするようではダメです。冒頭で、「おいおい、朝香は何を言ってるんだ」と思っていただいた方は、投資で勝つ素養があります。冒頭の言葉の意味をより丁寧に申しますと、

「10倍株になるまでずっと待つのではなくて、まずは2倍株になった時点で、一部を利益確定しておくことが大事」

ということです。本書が最も伝えたいメッセージはこれだけ、と言っても過言ではないでしょう。

本書は、まず第1章にて、株で最終的に勝つための運用法を伝授させていただきます。
テンバガー(10倍株)になりやすい株とは、
「どういう特徴があって、それをいつ・どのくらい買って、いつ・どのくらい売るのか」
の運用法を明確に示します。
続いて、第2章では、第1章の運用の売買タイミングの有効性を実際の銘柄のケーススタディで検証しています。
第3章においては、株投資で勝つためには「負けないようにし続ける」ことの重要性とノウハウを綴っています。さらには、「なぜ私が2010年から株式投資を再開したのか」、「中長期的に株で儲けるための5つの選択」、「全体市場をどう見極めるか」など、本邦初公開の中長期投資で勝つためのノウハウを数多く記載しました。
第4章は、【日本初】株式投資のノウハウが時系列で身につくストーリー仕立てになっています。2010年から50万円で投資を始めた投資家の物語を綴ってみました。さらに、株初心者のための株入門になるようにとの視点も意識しながら、コンテンツを制作しておりますので、少しでも株取引の理解を深めていただけるかと存じます。
そして、本書とテンバガー第1弾、第2弾本との違いと活用法は以下のようになります。

『「テンバガー」10倍株で勝つ』:理論編 10倍株をどうやって見つけるのか。成長株投資の秘訣は? 10倍株投資を学ぶ最初の本

『東京五輪大化け株BEST10』:発掘編 10年目線で探す10倍株。東京五輪を見据え、法則を活用した銘柄を袋とじで紹介した実践本

運用編 10倍株の法則、大化け株BEST10で買った銘柄を、ここからどう運用していけばいいのかを示す運用入門本

このテンバガーシリーズ3冊で10倍株投資の基礎はすべて学べます。
そして、10倍株投資の秘訣を公開した私からあなたにお願いがあります。
ぜひ、投資の際に1企業でもいいので、「これからの日本の成長を担うと信じられる会社の株」を買って、その会社の成長とともに、自分自身や自分の資産を成長させてください。
これこそ、株式会社が始まった由来に基づく投資の本来の意義です。
投資対象の会社に共感して、その成長を信じて企業を応援する人が1人でも増えることこそ日本経済の復活につながると私は信じています。ぜひ、本物の投資家になってください。

ソチ五輪で羽生結弦選手のフィギュア男子初「金メダル」の歓喜に沸いた2014年2月15日
朝香 友博

版元から一言

本書は、『「テンバガー」10倍株で勝つ』、『東京五輪大化け株BEST10』に続く、テンバガーシリーズ第3弾になります。

『「テンバガー」10倍株で勝つ』は、理論編として、10倍株の見つけ方に重点をおいて紹介しました。
続いて『東京五輪大化け株BEST10』では、発掘編として、東京五輪に関連する有望銘柄を具体的に紹介しました。

すると多くの読者の方から、

★10倍株の法則で買った株は、信じてただ持ち続けていればいいのか?
★五輪銘柄を買ったが、いつ売ればいいのか?

などの声が寄せられました。
そこで、生まれたのが本書です。
本書は、10倍株を狙いつつ、着実に利益を積み重ねていく10倍株運用法を伝授します。

著者プロフィール

朝香 友博  (アサカ トモヒロ)  (

成長企業アナリスト/成長ビジネスクリエーター
この4年で6つの法則10倍株をヒットさせ、投資ブロマガランキング1位を獲得したブログ「『大化け株投資』のすすめ」を主宰。
また、産業トレンドを先読みし、新たな成長ビジネスの創造を担うクリエーターとして、年間500社に及ぶ企業の売上拡大や見本市を中心とした市場開拓を支援している。
著書に『【テンバガー】10倍株で勝つ』『テンバガーで10倍儲ける! 東京五輪大化け株BEST10』(アールズ出版)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。