版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
原発事故と農の復興 小出 裕章(著) - コモンズ
.

原発事故と農の復興 避難すれば、それですむのか?!

発行:コモンズ
A5判
112ページ
並製
定価 1,100円+税
ISBN
978-4-86187-103-0
Cコード
C0030
一般 単行本 社会科学総記
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2013年3月
書店発売日
登録日
2013年2月4日
最終更新日
2014年7月2日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

放射能汚染と対峙し、食べものの安全性を守りながら
農業・農村も復興しなければならない
かけがえのない暮らしと風土を守りたい
では、どうすればよいのか?!
反原発の第一人者と有機農業研究者・農民が真正面から論じ合う

目次

はじめに

●問題提起1  小出 裕章
放射線管理区域を超える汚染地域で農業をどう守るか
原爆数百発分の放射能が撒き散らかされた
放射線管理区域の基準を上回る汚染
逃げてほしいが、農業をどう守るかも大切

●問題提起2  菅野 正寿
福島の現状と農民の想い
地域資源を活用した地域づくり
実行されない支援
除染の実態
変わってしまった風景と福島の奇跡
地方の搾取で成立する都市
〈資料1〉国連人権理事会 特別報告者のプレス・ステートメント(抜粋)

●論点1
放射能の危険性と農産物の汚染状況をどう認識するのか

●論説1
検証されつつある「福島の奇跡」   中島紀一

●論点2
農産物への放射性セシウムの移行率は、なぜ低かったのか

●論点3
危険と避難のあいだ

●論説2
生きることそのものとしての有機農業――放射能汚染と向かい合いながら   明峯哲夫 

●論点4
「子どもには食べさせない」という考え方は、本当に正しいのか

●論説3
放射能汚染食料への向き合い方――拒否するだけでは解決しない   小出裕章 

●論点5
安全性の社会的保証と被災地の復興

質疑応答

●エピローグ
暮らしが変わらなければ、脱原発社会は創れない

討論を終えて

版元から一言

放射能汚染と対峙し、食べものの安全性を守りながら、農業・農村を復興し、かけがえのない暮らしと風土を守るためには、どうすればよいのか。福島の現状と、そこで苦悩しつつ頑張る農民の想いを知ってほしい、都市の生活は危険ではないのかも考えてほしいと、公開討論会を企画。あらかじめたてた5つの論点にしたがって、反原発の第一人者と有機農業の専門家・農民が真正面から論じ合った刺激的な討論を収録した。重要な社会問題が発生したとき、的確な議論の場を提供していくことも、出版社の大切な役割のひとつではないだろうか。

著者プロフィール

小出 裕章  (コイデ ヒロアキ)  (

1949年東京都生まれ。京都大学原子炉実験所助教。
数少ない反原発の学者として、原子力発電を止めるための研究を続けている。
著書に『原発事故後の日本を生きるということ』〔農文協〕
   『原発はいらない』〔幻冬舎ルネッサンス〕ほか。

明峯 哲夫  (アケミネ テツオ)  (

1946年北海道生まれ。農業生物学研究室主宰。
著書に『都市の再生と農の力』〔学陽書房〕ほか。

中島 紀一  (ナカジマ キイチ)  (著/文

1947年埼玉県生まれ。茨城大学名誉教授。農学博士。
著書に『有機農業政策と農の再生』〔コモンズ〕ほか。

菅野 正寿  (スゲノ セイジ)  (著/文

1958年福島県生まれ。福島県二本松市東和在住。有機農業者。
福島県有機農業ネットワーク代表
共著書に『放射能に克つ農の営み』〔コモンズ〕。

上記内容は本書刊行時のものです。