版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
J. S. ミル フランス日記1820年5月~1821年7月 -  関西学院大学図書館所蔵未公刊日記手稿ファクシミリ・リプリントおよび翻刻・注釈 井上琢智(編・解説) - エディション・シナプス
.

J. S. ミル フランス日記1820年5月~1821年7月 -  関西学院大学図書館所蔵未公刊日記手稿ファクシミリ・リプリントおよび翻刻・注釈 J. S. Mill’s Journal and Notebook of a Year in France, May 1820-July 1821

A4判
300ページ
上製
定価 24,800円+税
ISBN
978-4-86166-181-5
Cコード
C3310
専門 全集・双書 哲学
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2014年2月
書店発売日
登録日
2014年2月13日
最終更新日
2014年2月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

◆編者より
『J.S. ミル評伝』(A. べイン著、山下重一・矢島杜夫訳、お茶の水書房)にも記されているように、父ジェームス・ミルより、驚くほどの早期教育を受けたジョン・スチュアート・ミルの「少年時代の最も重要な記録は、彼が15歳の時のフランス旅行」の日記であり、この『フランス日記』を通して「彼の知識の真の特徴と、その年頃の彼の知的能力をある程度正確に実証」することができる。フランスに移住していたジェレミー・ベンサムの弟一家の招きで留学したJ.S.ミルは、フランス語を学ぶと同時にヴォルテールなどの文学、思想に触れ、微分学など数学も学んだ。その間ジャン=バティスト・セイ宅にも滞在している。このフランス旅行はミルの成長に大きく貢献し、「ある意味では、この旅行はミルが53年後にアヴィニョンに葬られるまで終わらなかった。なぜなら、彼は生涯を通じてフランスとの接触を新たにするごとに、人間とその相互関係について、より深くより刺激的な知識に導かれたからである」。(I.W.ミュラー著、山下重一訳「フランス留学(1820-21)」(『J.S.ミル初期著作集1』お茶の水書房)。

J.S. ミルは父の指示で日記を書き留めただけでなく、その日記を清書し書簡として父に送った。これが現在大英図書館所蔵の『日記』手稿である。その書簡のもととなったノートの一冊はセント・アンドリュース大学図書館にあり、これら2つの資料を用いて編集されたのがトロント大学版J.S.ミル全集(The Collected Works of John Stuart Mill) 第26巻中の『日記』である。これらの『日記』には8月3日~9日間の記述が欠落していたが、関西学院大学図書館が2001年に購入したもう一つの『日記』ノートには、この空白の1週間を含む、7月20日~9月15日間の日記ノートと雑録が記載されている。また、セント・アンドリュース所蔵『日記』ではフランス語で記述されている箇所が、関西学院大学図書館の『日記』では英語であったり、その逆の場合もある。さらに、関西学院大学図書館の『日記』のフランス語にはジョージ・ベンサムと思われる人物の添削やミル自身による訂正箇所なども見つけることができる。このほか、旅行先の地誌メモや金銭出納メモ、セー宛てフランス語書簡の下書きなど貴重な新資料が含まれている。

今回出版される『J.S. ミル フランス日記』にはこの関西学院大学図書館所蔵の『日記』手稿の全葉をファクシミリ・リプリントで収録するとともに、トロント大学出版局の許可のもと、同大学版『J.S.ミル全集中』の『日記』を含む全日記テキストを翻刻収録し、ミルのフランス滞在期間中の記述の全文を初めて公刊するものである。これまで1820年8月の初めにミルのフランスでの学習は終わったとされてきたが、今回再発見されたこの『日記』ノートによれば、ミルは8月9日まで、規則正しい読書やフランス語学習はもちろん、「統治論に関する対話」と呼んだエッセーを書き、ダンスやフェンシングの練習や観劇もしていたということが明らかになった。まさに、この「空白の一週間」も、一日たりともおろそかにしないJ.S.ミルの少年時代に関する最善の記録の一部であり、この『日記』ノートの公刊により、ミルのフランス留学の全貌が明らかになる。

井上琢智(関西学院大学教授)

目次

1) Introduction
2) Editorial Notes and Acknowledgements
3) Facsimile Reproduction of the Notebook in Kwansei Gakuin University Library
4) Transcribed Text of the Notebook with Annotations

版元から一言

●英国を代表する思想家、経済学者であるJohn Stuart Millが青年期に留学し1年強を過ごしたフランスでの記録の詳細。
●ミルのフランス日記の原本はこれまえ大英図書館とセント・アンドリュース大学所蔵の2種が知られ、これら2種のテキストはミル全集中に翻刻収録されているが、本書はこれらとは異なる関西学院大学所蔵の第3番目の原本をファクシミリ復刻。
●合わせて、3種すべての原本のテキストを忠実に翻刻し収録、詳しい注釈と3種のテキスト間の比較研究を加えている。
●『J.S.ミル評伝』(A.ペイン著)に「…最も重要な記録は彼が15世の時のフランス旅行」と記されるように、ジェレミー・ベンサムの指導を受け、ジャン=バプチティスト・セイらから薫陶を受けたフランスでの経験は、若きミルの思想形成に最も重要な影響を与えた言われている。
●今回の日記完全版の公刊により、このミルのフランス時代の全貌が初めて明かされる。

著者プロフィール

井上琢智  (イノウエタクトシ)  (編・解説

関西学院大学教授

上記内容は本書刊行時のものです。