版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
現代ニッポン詩(うた)日記 四元 康祐(著) - 澪標
.

現代ニッポン詩(うた)日記

発行:澪標
A5変型判
縦148mm 横185mm
並製
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-86078-305-1
Cコード
C0092
一般 単行本 日本文学詩歌
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2015年8月
書店発売日
登録日
2015年7月9日
最終更新日
2015年7月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-05-07 読売新聞  朝刊

紹介

ドイツから見た日本の今を映し出す詩的ドキュメンタリー。朝日新聞デジタルに短期集中連載した「声の曲馬団」、山陽新聞に長期連載した「現代ニッポン詩日記」を中心とする四元時事詩の集大成。未発表作品多数。

目次

Part1 声の曲馬団 
 夜のコンビニ
 男たち
 春の河原
 砂漠へ ほか
Part2 現代ニッポン詩(うた)日記
 旗
 国破れて
 少年力士の死
 失言問題 ほか
Part3 家族の風景
 団欒
 父の肖像
 百年の眠り ほか

著者プロフィール

四元 康祐  (ヨツモト ヤスヒロ)  (

1959年生まれ。上智大学文学部英文学科卒。ドイツ在住。2002年、詩集『世界中年会議』で第3回山本健吉文学賞他受賞。2004年、詩集『噤みの午後』で第11回萩原朔太郎賞受賞。2013年、詩集『日本語の虜囚』で第4回鮎川信夫賞受賞。主な著書:『ゴールデンアワー』『言語ジャック』『偽詩人の世にも奇妙な栄光』ほか多数。

上記内容は本書刊行時のものです。