版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
みまさか鉄道ものがたり 小西 伸彦(著) - 吉備人出版
.

みまさか鉄道ものがたり

発行:吉備人出版
A5判
303ページ
並製
定価 2,200円+税
ISBN
978-4-86069-375-6
Cコード
C0065
一般 単行本 交通・通信
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2013年11月
書店発売日
登録日
2013年10月16日
最終更新日
2014年2月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

平成25年、建国1300年を迎え岡山県北部の美作地域。
歴史と自然に恵まれた美作は、鉄道遺産の宝庫としても知られている。
旧津山扇形機関車庫や、津山駅から四方に伸びる路線に佇む木造駅舎などはその代表だ。
鉄道遺産そのものともいえるその風景を求め、全国からたくさんのファンが訪れる。
本書は、美作の鉄道の歴史をたどりながら、鉄道に夢とロマンを賭けた人々を描いた力作。
著者は、産業考古学の研究者で、『鉄道遺産を歩く 岡山の国有鉄道』の著者・小西伸彦氏。

目次

口絵
第1章 みまさか鉄道 その成立と遺産
第2章 みまさかの鉄道を測る
第3章 鉄道といきてきた人々
第4章 美作からの発信
あとがき

著者プロフィール

小西 伸彦  (コニシ ノブヒコ)  (

吉備国際大学准教授。1958(昭和33)年総社市生れ。
香川大学経済学部卒業。産業考古学会理事、日本の石橋を守る会理事、東京産業考古学会、九州産業考古学会、鉄道史学会、日本民俗学会、全国近代化遺産活用連絡協議会など会員。
単著に『鉄道遺産を歩く 岡山の国有鉄道』(吉備人出版、2008年)、『やたべ』No42(哲西民俗研究会、2011年)、『備中高梁体験学習観光テキスト 近代化遺産を学ぶ』(高梁体験・学習観光会議、2013年)。共著に『産業遺産を歩こう』(東洋経済新報社、2009年)など。

上記内容は本書刊行時のものです。