版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
高尾山・景信山・陣馬山登山詳細図 守屋 益男(踏査・作成・解説) - 吉備人出版
.
登山詳細図 5

高尾山・景信山・陣馬山登山詳細図 全50コース;5

発行:吉備人出版
縦685mm 横1000mm
2ページ
1枚ものの地図
定価 700円+税
ISBN
978-4-86069-281-0
Cコード
C0326
一般 全集・双書 旅行
出版社在庫情報
絶版
初版年月日
2011年3月
書店発売日
登録日
2011年1月31日
最終更新日
2013年7月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

東京・新宿から西へ約40㌔、高尾山(599m)は、山域が「明治の森 高尾国定公園」に指定され、
天然の森林がよく守られている山として知られています。
東京都心から電車で1時間という身近さ、
数年前、ミシュランのガイドブックで三つ星に選定されたことなどから、
年間300万人が訪れる世界一人気のある山となっています。

その高尾山を踏査、整備、計測したのがこの登山詳細図。
忘れ去られていた小径を整備し、登山道として光を当て、
その魅力を伝えるとともに、目標物や距離、送電線などの情報を付加し、「道迷い」の防止に役立つ1枚です。

踏査は、2010年9月~2010年12月にかけて行い、古道をふさぐ倒木を除け、ヤブを切り開き、赤テープを付け、コースを整備してこの地図を作成した。コースの距離はロードメジャー(回転式距離計)で測定し、5㍍単位で四捨五入している。

目次

解説
山麓へのアクセス
コースガイド
八王子城山
北高尾山稜とサブコース
高尾山 
景信山
陣馬山
栃谷尾根コース
高尾山~陣馬山縦走 & サブコース
矢ノ音南西尾根コース
貝沢コース
自然歩道コース&サブコース
拓殖大西尾根コース
中沢峠コース

前書きなど

東京・新宿から西へ約40㌔、高尾山(599m)は、山域が「明治の森 高尾国定公園」に指定され、
天然の森林がよく守られている山として知られています。
東京都心から電車で1時間という身近さ、
数年前、ミシュランのガイドブックで三つ星に選定されたことなどから、
年間300万人が訪れる世界一人気のある山となっています。

その高尾山を踏査、整備、計測したのがこの登山詳細図。
忘れ去られていた小径を整備し、登山道として光を当て、
その魅力を伝えるとともに、目標物や距離、送電線などの情報を付加し、「道迷い」の防止に役立つ1枚です。

版元から一言

既存地図にはない小径、目標物、距離を表示。全50コース紹介した話題の登山詳細図!
読売新聞、日本経済新聞、「山と渓谷」で紹介され話題に!

著者プロフィール

守屋 益男  (モリヤ マスオ)  (踏査・作成・解説

1935年、岡山市生まれ。日本勤労者山岳連盟顧問。山陽カルチャー登山入門講座講師。
23歳から登山を始め、国内では県内から中四国の主な山、日本百名山すべてに登頂。
海外ではモンブラン(4,807m)、キリマンジャロ(5,895m)、アララット山(5,123m)、エルブルース(5,642m)、キナバル山(4,095m)、マウナロア(4,158m)、漢拏山(1,950m)等にすべて登山隊長として登頂。アコンカグア(6,959m)は6,000mまで。
未踏峰では1994年、天山・カシカール峰(6,347m)へ登山隊総隊長として参加、6名が登頂。2006年、チベット・ゴザル峰(6,292m)へ登山隊長として参加、5,800mまで登る。
トレッキングでは崑崙・ハーンヤイリク峰(6,744m)偵察。チョモランマBC(5,300m)、バルトロ氷河K2BC(5,200m)、グランドキャニオンハバスパイ渓谷、ミルフォードトラック・マウントクック、聖山カイラス巡礼(5,668m)、ゴーキョピーク(5,367m)、レンジョーパス(5,340m)ナンパイゴスムBC(5,300m)カナディアンロッキー・バンフ周辺等をすべて隊長として踏破。
著書は「登山の基礎知識」(ユニ出版)、「岡山の山やま」上中下巻。「岡山の山登り」(山陽新聞社)。「みんなの山歩き・大阪周辺2」(共同出版)共著。「岡山の山百選」(山陽新聞社)。「中四国兵庫の山百選」(山陽新聞社)。「海外トレッキング入門」(大月書店)共著。「新ルート岡山の山百選」(吉備人出版)監修。「熊山登山詳細図」「鬼ノ城山塊登山詳細図」など。

上記内容は本書刊行時のものです。