版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ワンダーブック ジェフ・ヴァンダミア(著/文) - フィルムアート社
.

ワンダーブック 図解 奇想小説創作全書

B5判
価格 3,600円+税
ISBN
978-4-8459-1804-1
Cコード
C0090
一般 単行本 文学総記
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2019年4月24日
最終更新日
2019年5月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

受賞情報

英国SF協会賞 ローカス賞

書評掲載情報

2019-08-11 産經新聞  朝刊

紹介

300 を超えるオリジナル図表とイラストが、あなたのインスピレーションと想像力を刺激する!!
世界的に著名なSF 作家にしてアンソロジスト、ジェフ・ヴァンダミアが放つ唯一無二の小説執筆ビジュアル・ガイド。

SF、ファンタジー、ホラーなど、ジャンルを超えて〈想像力あふれる〉小説を書くために必要な知識が一冊に凝縮。
インスピレーションの育み方からストーリーを構成するための実践的技術まで、本書とともにストーリーテリングをマスターするための冒険に乗り出そう!

遊び心と実用性を併せ持った小説執筆の総合ガイドがついに邦訳!!


本書の最大の特徴である数多くの魅力的なイラストや図表たちは、 ジェフ・ヴァンダミアによる的確な創作ガイドを補足・説明するだけでなく、 想像力を刺激し、あなたに眠るクリエイティビティをより多様な方向へと導く、『ワンダーブック』のもうひとりの主役だ。 小説執筆の基礎知識を丁寧に解説しつつ、クリエイションに必須な〈遊び心〉を掘り起こす。 『ワンダーブック』は、創作という戦いに挑むあなたにとって、かけがえのない武器となるだろう。

ジョージ・R・R・マーティン(『ゲーム・オブ・スローンズ』原作者)、アーシュラ・K・ル=グウィン(『ゲド戦記』)、ニール・ゲイマン(『アメリカン・ゴッズ』)等々、世界を熱狂させる大作家たちのエッセイや実践的アドバイスも多数収録。

・英国SF 協会賞受賞
・ローカス賞受賞
・ヒューゴー賞ノミネート
・世界幻想文学大賞ノミネート
など数々の受賞(ノミネート)歴のある驚異の執筆ガイド。

前書きなど

『ワンダーブック』は2つの点で、よくある執筆ガイド本とは異なる。まず、イラストが文章にかわって説明をしたり、文章を補ったりすることが多い。30人を超えるアーティストが作品を提供してくれたけど、図表はどれも、ぼくのスケッチとコンセプトを基にジェレミー・ザーフォスが描いてくれた。この本には、いままでのどんな執筆ガイド本よりもわかりやすくて刺激的な(実用面でもヴィジュアル面でも)挿絵が載っている。イラストがいつでも文章のかわりになるわけじゃないけど、キーコンセプトを伝えたり、複雑なことを噛み砕いて単純にしたりするうえで、とても有用だ。きみのクリエイティビティも魅了できるといいんだけど。

 次に、ジャンルを問わず新人・中堅作家の助けになるといっても、『ワンダーブック』のデフォルトの設定は写実主義(リアリズム)ではなくファンタジーにしてある。たいていの執筆ガイド本は写実小説をデフォルトにしていて、ファンタジーはストーリーテリングのほかのジャンルから切りはなされている感じだ。もし、きみがファンタジー、ホラー、SF、マジックリアリズム、不条理主義や超現実主義(シュルレアリスム)といったジャンルで書いているなら、この本を読んで、ふるさとに帰ったような気分になってもらえると思う。それ以外のジャンルであっても、ありふれたテーマへの新しい見かたに気づくだろう(ぼくが語る基礎の基礎をしっかり身につけるだけでなく)。〈リアルな〉フィクションと〈ファンタジックな〉フィクションには、概念、理論、実践において、たいした違いがないことにも。きっと、ストーリーテリングへのあらゆるアプローチをとおして〈想像力あふれる〉作品と出会うはずだ。

――本書「この本の特徴」より抜粋

著者プロフィール

ジェフ・ヴァンダミア  (ジェフ ヴァンダミア)  (著/文

1968年ペンシルヴェニア州生まれ。フロリダ大学在学中に短篇集を出版、その後、クラリオン・ワークショップで創作を学んだ。2001年に発表した短篇集City of Saints and Madmenで一躍注目を集め、長篇Veniss Underground(2003)は、世界幻想文学大賞、ブラム・ストーカー賞ほか各賞の候補となった。アンソロジストとしても知られており、米ジャンル・フィクション界のキーパーソンの一人である

朝賀雅子  (アサガ マサコ)  (翻訳

奈良県生まれ。事務職を経て、フリーランスでWebライティングの仕事をはじめる。2015年、文芸翻訳を学びはじめ、翻訳家の田村義進氏に師事する。本書がはじめての訳書となる。
Twitter ID:mskasg

上記内容は本書刊行時のものです。