版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
企業家とはなにか 池本正純(著) - 八千代出版
.

企業家とはなにか 市場経済と企業家機能

発行:八千代出版
A5判
304ページ
上製
価格 3,000円+税
ISBN
978-4-8429-1341-4
Cコード
C3033
専門 単行本 経済・財政・統計
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2004年9月
書店発売日
登録日
2012年8月21日
最終更新日
2012年8月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

経済学の中で企業家の役割を本格的に論じたのはシュンペーターである。だが、その反面、彼の企業家論は特異な面を持っていて、よりリアルな企業家像を描くにはマーシャルの経済学を掘り起こすことが必要と著者は説く。現代の経済学の視野から失われかけている企業家像を回復し、経済理論の枠内に企業家の役割を正当に位置づけることをねらいとして書かれた秀逸な書。

目次

まえがき/本書のねらい
Ⅰ:デンマーク王子の登場しない「ハムレット」  第1章:経済学における企業家の無用化  第2章:聖なる企業家像:シュンペーターの企業家論
Ⅱ:企業家論の本流:マーシャルの企業家像  第3章:仲介人としての企業家  第4章:マーケティングとマーケタビリティ  第5章:企業家と危険負担  第6章:危険負担と企業組織
Ⅲ:マーシャル以後のいくつかの支流  第7章:企業家即仲介人:カーズナーの企業家論  第8章:不確実性と企業家:ナイトの企業家像  第9章:企業組織の成長:ペンローズの企業家像  第10章:企業家論の系譜  第11章:自由企業態勢の意義
Ⅴ:現代と企業家  第12章:現代企業組織のダイナミズム  第13章:企業家の時代:日本再生の途
参考文献/索引

上記内容は本書刊行時のものです。