版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
オレンジ・ブック 和尚(著) - ホーリスティック・セラピー研究所
.

オレンジ・ブック

B6判
240ページ
並製
定価 1,400円+税
ISBN
978-4-8397-0025-6
Cコード
C0010
一般 単行本 哲学
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
1984年4月
書店発売日
登録日
2017年7月13日
最終更新日
2017年7月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

和尚は、現代に生きる人々の内的成長を促すよう、東洋の瞑想的アプローチと西洋の心理学的アプローチを統合した数多くの瞑想テクニックを生み出した。それらには、型にはまった堅苦しさはまったくない。それらは条件づけやストレスで萎縮した〈生〉を、笑いと遊びに満ちた屈託のない本来の姿に立ち還らせ、私たちの内奥の本性を露わにすることを助けてくれる。

目次

生のこの上もなき喜び
瞑想とは何か
瞑想は集中ではない
瞑想法を選ぶ
瞑想のための空間をつくる
ゆったりと自然であれ

夜明け 笑い・運動・浄化
笑いの瞑想
ゴールデン・ライト・メディテーション
日の出を待つ
昇りゆく太陽の賛美
ランニング、ジョギング、スイミング
私は方法を工夫した
ダイナミック・メディテーション
マンダラ・メディテーション
カタルシスの必要性
まくら叩き
犬のようにあえぎなさい

朝 祝い・仕事・遊び
ミュージックとダンス
スーフィ・ダンス
ナタラジ・メディテーション
キルタン
この瞬間に生きよ
ストップ!
瞑想としての仕事
ジェット機連中のための瞑想法
これこそ秘訣だ-“非習慣化”-
バグワンの喫煙瞑想法
ごくあたりまえのお茶
静かに坐って待て
ときには跡かたもなく消え去るといい
ギロチン・メディテーション
私はこれではない
思考を書きとめよ
おかしな顔
空を眺めてごらん
花の香り
大地との語らい
呼吸をすっかりくつろがせなさい
この人に平安あれ
正反対のものに熟考せよ
「二つではない」
「イエス」に従う
木と友になる
ここにいるかい?

昼 坐る・見る・耳傾ける
瞑想に目標はない
坐ること
呼吸-最も深いマントラ-
ヴィパサナについてのバグワンの話
ヴィパサナ
内なる宇宙の飛行士になる
「一体」
内なる微笑
「パグワン」
坐禅
受容性を感じなさい
見ること
●言葉をさしはさまずに見ること
●静寂の色彩
●頭痛の中を見なさい
耳傾けること
●共感をもって耳傾けること
エネルギーの柱
子宮の静けさを感じなさい
マゾヒストであってはならない

夕暮れ 揺する・踊る・歌う
クンダリーニ・メディテーション
揺れの瞑想
踊りなさい
●一緒に踊りなさい
●木のように踊りなさい
●手で踊りなさい
●微妙な層を目覚めさせる
ワーリング・メディテーション
歌いなさい
マントラ
●“AUM”
●イエスの御名
ハミング
ナーダブラーマ・メディテーション
●恋人たちのナーダブラーマ
バグワン、蚊にはどうしたものでしょう?

夜 幻想・祈り・愛
中空の竹になれ
光に瞑想しなさい
トラタック
鏡の凝視
仏陀の存在を凝視する
シヴァ・ネトラ
内側に一つの星を認めなさい
ルナティック・メディテーション
宇宙として眠れ
ファンタジー
●すべては非現実だ
●瞑想のなかでの瞑想
●アニマルになれ
できるかぎり否定的になる
「イエス! イエス! イエス!」
こきざみなシェイク
よろいをはずしなさい
“Oh”
生と死の瞑想
ほ乳びんを発見しなさい
あなた自身の恐怖に直面する
●あなた自身の恐怖の中にはいりなさい
●あなた自身の空にはいる
子宮に回帰しなさい
あなたの声がでるままにすること
ジベリッシュ・メディテーション
祈り
プレイヤー・メディテーション
ラティハン
グリシャンカール・メディテーション
デヴァヴァニ・メディテーション

●迷妄の愛は姿を消す
●愛を放射しなさい
●愛の営みをひとりでに起こらせなさい
●自分自身を欺こうとしてはいけない

オンリー・ウェイ
近道はない
セレブレーション・デイ
瞑想音楽

著者プロフィール

和尚  (Osho)  (

1931年インド生まれ。21歳にして光明を得る(悟りを開く)。1958年から1966年まで哲学教授を務めたのち、精神的導師としての活動に専念。宗教・政治などの因習をきわめて辛辣に批判しつつ、「真の宗教性」の必要性を説き続けた。1990年逝去。

上記内容は本書刊行時のものです。