版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
現代の軍事戦略入門 エリノア・スローン(著) - 芙蓉書房出版
.

現代の軍事戦略入門 陸海空からサイバー、核、宇宙まで
原書: Modern Military Strategy: An Introduction

四六判
370ページ
並製
定価 2,500円+税
ISBN
978-4-8295-0645-5
Cコード
C3030
専門 単行本 社会科学総記
出版社在庫情報
品切れ・重版未定
初版年月日
2015年3月
書店発売日
登録日
2015年2月3日
最終更新日
2018年3月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加

重版情報

2刷 出来予定日: 2015-09-04

紹介

●マハン、コルベット、ジョミニ、リデルハート、ローレンス、毛沢東、ドゥーエ、ミッチェルなどの「古典」的人物から、トフラー夫妻、オーエンス、シャリカシュヴィリ、セブロウスキー、クレピネヴィッチ、スケールズ、クレフェルト、リンド、ランベス、ハメスなどの現代の専門家まで幅広く取り上げ、コンパクトに紹介

●テクノロジーの進化により軍種を横断した理論が求められている現状をふまえ、
独立した章を設けて「統合理論」を解説

戦略・戦争研究の大御所がこぞって絶賛した話題の書の待望の日本語版 

★ベンジャミン・ランベス(戦略予算評価センター)
 入門書として本書以上に役立つものを知らないし、これほどバランスのとれた徹底した概論本はない。
★ジェフリー・ティル(ロンドン大学キングス・カレッジ)
 読者にインスピレーションを与え、大きな助けになることは確実。
★コリン・グレイ(レディング大学)
 歴史に敬意を払いながら今日の現実にも根を張り、しかも将来についても説得力をもった優れた研究。
★アンドリュー・クレピネヴィッチ(戦略予算評価センター)
「今日の軍事戦略思想家で優れた人物は誰であり、彼らの主張はどのようなものか」という最も重要な問題に取り組んだ結果、プロの政策家や軍事アドバイザーたちの必携書となった。


目次

第1章 シーパワーの理論
シーパワーの父:マハン/海は陸のため:コルベット/1990年から2000年までの議論/2000年から2010年までの議論
第2章 ランドパワーの理論
孫子の陸戦思想/リデルハートの間接的戦略/クラウゼヴィッツの直接的戦略/ジョミニの勝利の法則/冷戦期の戦略思想/冷戦後の戦略思想
第3章 エアパワーの理論
空だけで勝利?:ドゥーエ/1990年代の理論(ジョン・ワーデン、ロバート・ペイプ、ベンジャミン・ランベス )/2000年から2010年までの議論/新たな挑戦(エアパワーと対反乱作戦 )
第4章 テクノロジーの進化と統合理論
軍事における革命(RMA)(ウィリアム・ペリー、マーシャル・クレピネヴィッチ、エリオット・コーエン、トフラー夫妻、ウィリアム・オーウェンス、ジョン・シャリカシュヴィリ)/軍事トランスフォーメーション(アーサー・セブロウスキー、NCW )/効果ベースの作戦(ジョン・ワーデン、ディヴィッド・デプチュラ、ハーラン・ウルマン)/アメリカ統合戦力軍/「効果ベースの作戦」への批判
第5章 ゲリラ戦の理論
20世紀前半の革命戦争(対反乱作戦についてのコールウェル・ローレンス・毛沢東の思想、ガルーラとトンプソンの対反乱作戦)/冷戦後(アンドリュー・クレピネヴィッチの反乱・対反乱作戦、マーチン・ファン・クレフェルトの「非三位一体型戦争」、リンドの「第四世代戦」、ハメス、「新しい戦争」学派の学者たち、キルカレンの「反乱」と「対反乱作戦」についての議論、ペトレイアスと「対反乱作戦」)
第6章 サイバー戦の理論
サイバー戦とは何か/サイバーの戦略思想/サイバー戦の問題点
第7章 核戦力と抑止理論
これまでの抑止理論/現在の抑止理論/通常兵力による抑止/核抑止/核の先制攻撃の問題/先制と生物・化学兵器/弾道ミサイル防衛/抑止とテロリズム
第8章 スペースパワーの理論
宇宙空間とは何か/宇宙空間の「地形」/宇宙飛翔体の性質/宇宙戦力と宇宙での任務/宇宙空間のコントロール/宇宙戦力応用兵器/戦争の遂行

著者プロフィール

エリノア・スローン  (スローン,エリノア)  (

1965年生まれ。カナダの首都オタワのカールトン大学国際関係学科教授。専門はカナダとアメリカの安全保障・国防政策。カナダの王立士官学校を卒業し、同国軍の士官を務める。カールトン大学の国際政治学院で修士号(MA)を取得した後にアメリカのマサチューセッツ州にあるタフツ大学のフレッチャー法律外交大学院で博士号(PhD)を取得。オタワにあるカナダ軍司令部で分析官として働いた後に現職。本書の他にも軍事戦略に関する本をすでに3冊出版している。

上記内容は本書刊行時のものです。