版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
情報戦争と参謀本部 佐藤守男(著) - 芙蓉書房出版
.

情報戦争と参謀本部 日露戦争と辛亥革命

A5判
380ページ
上製
定価 5,800円+税
ISBN
978-4-8295-0538-0
Cコード
C3021
専門 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2011年9月
書店発売日
登録日
2011年8月24日
最終更新日
2011年9月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

日露開戦前と辛亥革命時の陸軍参謀本部の対応を「情報戦争」の視点で政治・軍事史的に再検証する。
■参謀本部の情報活動を支えた「情報将校」の系譜を幕末にまで遡って考察
キーパーソンは川上操六陸軍大将 
■参謀本部の情報収集から政策決定までの流れを対露戦争の遂行という政治的文脈で実証
キーパーソンは福島安正陸軍大将 
■辛亥革命時、参謀本部はどのような対清情報工作を展開したのか
キーパーソンは宇都宮太郎陸軍大将 

目次

第Ⅰ部 日本陸軍情報将校の系譜と参謀本部
 第一章 陸軍情報将校の起源
  情報将校の系譜/情報将校の制度化
 第二章 日本陸軍の情報活動
  参謀本部第二部/情報収集組織と情報収集/情報通信網

第Ⅱ部 情報戦争としての日露戦争
 第三章 日本陸軍と日英軍事協商
  日英軍事協商の成立契機/日本陸海軍の基本的交渉方針/日英軍事協商の成立
 第四章 開戦前の対露情況判断
  参謀本部の対露情報資料/参謀本部の対露情報見積り
 第五章 日露両軍の情報活動比較
観戦武官団/ロシア陸軍省の情報活動/クロパトキン将軍
 補 章 開戦前のロシア陸軍
  部隊組成/部隊運用/部隊充足

第Ⅲ部 参謀本部の対清情報活動
 第六章 辛亥革命と参謀本部第二部の対応
  辛亥革命勃発の背景/参謀本部第二部長の対清方針
 第七章 外郭協力組織
  日清貿易研究所/陸軍教導団
 終 章 情報工作員 金子新太郎の対清派遣
  参謀本部第二部長の秘密工作/金子新太郎に対する参謀本部第二部長の配慮
関係年表
参考資料
 Ⅰ 史 料
   應聘将校下士心得/海外派遣者報告規定/将校下士ニシテ外國ニ招聘セラルル者ノ手續/日英連合軍大作戦方針/竜動會議始末報告/日英軍事協商に関する参謀総長意見書/露国戦時総兵力概見表/黒龍軍管及関東州配兵表/黒龍江軍管及関東州各地方戦時兵力概見表/西伯利軍管区配兵表及西伯利軍管戦時兵力概見表/黒龍軍管区・関東州配兵表/絶東派遣豫定露軍一覧表/極東露国重要職員姓名一覧表
 Ⅱ 資料 英国陸軍諜報局関係資料
   英陸軍諜報局(1896~1901)/英動員・陸軍諜報局(1901~1904)
人名索引・事項索引

著者プロフィール

佐藤守男  (サトウモリオ)  (

1932年三重県生まれ。1950年三菱重工業名古屋製作所入社。同年警察予備隊採用。陸上自衛隊北部方面総監部第2部(ソ連一般情報)、中央資料隊第1科(ソ連軍事情報)、陸上幕僚監部第2部調査別室(ソ連通信情報分析)を経て、1985年防衛庁事務官に転官(通信情報専門官)。1992年定年退職。同年北海道大学大学院法学研究科公法専攻修士課程入学、1999年同博士課程修了、博士(法学)。現在、北海道大学大学院法学研究科附属高等法政教育研究センター研究員。専攻は、国際政治・日露関係史。

上記内容は本書刊行時のものです。