版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
登戸研究所から考える戦争と平和 山田 朗(著) - 芙蓉書房出版
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:

在庫ステータス

品切れ・重版未定

取引情報

取引取次:
ト・日     書店
直接取引:なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

登戸研究所から考える戦争と平和 (ノボリトケンキュウジョカラカンガエルセンソウトヘイワ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
200ページ
並製
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-8295-0510-6   COPY
ISBN 13
9784829505106   COPY
ISBN 10h
4-8295-0510-9   COPY
ISBN 10
4829505109   COPY
出版者記号
8295   COPY
Cコード
C0021  
0:一般 0:単行本 21:日本歴史
出版社在庫情報
品切れ・重版未定
初版年月日
2011年6月
書店発売日
登録日
2011年4月4日
最終更新日
2021年5月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

陸軍の秘密戦・謀略戦に重要な役割を果たした登戸研究所の実態を多角的に伝える。
登戸研究所の活動を知ることは、戦争には必ず存在する裏面(一般に秘匿され報道されない側面)から戦争の全体像を捉え直すことであり、戦争と科学技術との関係をあらためて検証することでもある。
登戸研究所という特殊な研究所の考察を通して、戦争と平和、戦争と科学技術の関係性、平和創造の重要性を考える。

目次

〈平和創造〉のために戦争を学ぶ意義/何のために設置されたのか/明治大学平和教育登戸資料館の紹介/〈秘密戦〉(1)風船爆弾と電波兵器、(2)スパイ兵器、(3)生物・化学兵器、(4)偽札製造と偽札作戦/登戸研究所で働いていた人々/他の研究機関との関係/秘密戦関係者の免責過程と戦後の登戸研究所/日本軍の軍事思想と登戸研究所/戦争遺跡としての登戸研究所/戦争遺跡保存運動の取り組みの意義と広がり/登戸研究所から考える戦争と平和

上記内容は本書刊行時のものです。