版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
資本主義と農業 : 世界恐慌・ファシズム体制・農業問題 工藤 昭彦(著/文) - 批評社
...
【利用不可】

書店員向け情報 HELP

資本主義と農業 : 世界恐慌・ファシズム体制・農業問題 (シホン シュギ ト ノウギョウ : セカイ キョウコウ ファシズム タイセイ ノウギョウ モンダイ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:批評社
縦220mm
191ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-8265-0513-0   COPY
ISBN 13
9784826505130   COPY
ISBN 10h
4-8265-0513-2   COPY
ISBN 10
4826505132   COPY
出版者記号
8265   COPY
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2009年11月
登録日
2015年12月16日
最終更新日
2015年12月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

資本主義の農業問題は、労働力の再生産に不可欠な産業でありながら資本主義には馴染み難いという農業の特性に起因して発生する。ロシア革命勃発以降、反体制運動が世界的に高揚しつつあるなかで、1929年10月、ウォール街の株価暴落に端を発した世界恐慌は日本を直撃し、分厚い過剰人口を抱えた農村は、不定型かつ錯綜した反体制エネルギーを暴発させる土壌となった。資本主義が危機管理能力を喪失する中で、その役割を担ったのは国家であった。以来国家による農民の反体制エネルギーを吸収・溶解する政治・経済的対応の連鎖の下で、特殊日本的ファシズム体制が醸成された。資本主義と農業の相容れない経済・社会構造とファシズム体制の発生~崩壊のメカニズムを緻密に検証し、資本主義と農業問題の本質を解読する。

目次

序章 分析視角と分析課題
1章 農業問題発生の歴史過程
2章 農業問題の処理とファシズム体制の形成
3章 農業問題の処理とファシズム体制の成熟
終章 ファシズム的農業問題処理の性格と限界
補論1 戦後日本の農業問題
補論2 現代世界の農業問題
補論3 世界農業問題-渡邉「世界農業問題」論の現代的意味

上記内容は本書刊行時のものです。