版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
明治黎明期の犯罪と刑罰 小泉 輝三朗(著) - 批評社
...

明治黎明期の犯罪と刑罰

発行:批評社
縦220mm
268ページ
価格情報なし
ISBN
9784826503129
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2000年10月
登録日
2015年12月15日
最終更新日
2015年12月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

東京高検の倉庫に眠っていた膨大な史料を引用分析し、当時の刑事法(新律綱領、改定律例)の運用実態を紹介するとともに、当時の世相、風俗、人心、犯罪民俗を克明に跡付けた画期的論考。明治政府の重鎮が絡んだ重大事件「小野組転籍事件」「藤田組贋札事件」「尾去沢銅山事件」のほか市井の諸犯罪も網羅する。

目次

1 三権分掌の司法裁判の発足
2 司法裁判の推進
3 司法裁判の難路風景
4 自白裁判の解消
5 口供書の型
6 明治黎明期の刑
7 閏刑
8 贖

上記内容は本書刊行時のものです。