版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
自分を売らない思想 佐高 信(著) - 七つ森書館
.

自分を売らない思想

発行:七つ森書館
四六判
232ページ
上製
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-8228-1369-7
Cコード
C0036
一般 単行本 社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2013年3月
書店発売日
登録日
2013年2月15日
最終更新日
2013年3月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「佐高信氏は常に巨悪の第一発見者の一人であり、最初の挑戦者でもある」(田中秀征)。第Ⅰ章「自分を売らない思想」では『戦後史の正体』を批判し、徳間康快・中江兆民を論じ、「だまされない思想」を説く。第Ⅱ章「I’m differentの思想」では他者との違いを重んじる考え方の大切さを綴る。

目次

第1章 自分を売らない思想 
     自分を売らない思想
     孫子のためにダム計画を考える
     濁々併せ呑む徳間康快の夢
     狂熱の人、中江兆民の風刺精神
     だまされない思想
     現役の着地点をどうするか

第2章 I’ m differentの思想
     山形の文人たち――斎藤茂吉と藤沢周平
     I’m different――みんな一人ひとりの命
     刺激的な笑いを生み出す松元ヒロ
     支配された民のにおいがする新井英一

前書きなど

はじめに

 この本で私が貫いている主張があるとすれば、「中立公正を標榜しない」である。この国の人間はそれを求めて安住しがちだが、偏っていない「中立公正」は死人の主張でしかないではないか。
 私はこれからも無責任な「中立公正」に挑戦状を突きつけ、その破壊者となっていきたい。

著者プロフィール

佐高 信  (サタカ マコト)  (

1945年山形県生まれ。慶應義塾大学法学部卒業。高校教師、経済誌編集長を経て、評論家、「週刊金曜日」編集委員。おもな近刊に『電力と国家』(集英社新書)『池波正太郎「自前」の思想』(田中優子との共著、同)、『新師弟物語』(岩波現代文庫)、『日本の社長はなぜ責任を取らないか』(毎日新聞社)、『西郷隆盛伝説』(角川文庫)『余白は語る』『民主党の背信と小選挙区制の罪』『竹中平蔵こそ証人喚問を』『日本および日本人論』(西部邁との共著)『メディアの破壊者 読売新聞』(清武英利との共編著)『自分を売る男、猪瀬直樹』(いずれも七つ森書館)など。

上記内容は本書刊行時のものです。