版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
会社事件史 奥村 宏(著) - 七つ森書館
.

会社事件史

発行:七つ森書館
四六判
256ページ
並製
定価 1,500円+税
ISBN
978-4-8228-0744-3
Cコード
C0033
一般 単行本 経済・財政・統計
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2007年6月
書店発売日
登録日
2015年8月22日
最終更新日
2015年8月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

村上ファンド、ライブドア、山一證券、日興コーディアル、三菱自動車工業……どうして会社は事件を起こすのか!? 戦後62年の会社事件を総ざらえして、個別の事例やエピソードをふかく探る。では、会社をどうとらえるか? 混迷する現実の渦中からこれからの会社のあり方を読み解く。

目次

まえがき   佐高 信

I バブル崩壊以後の事件史

 1 バブル崩壊の意味するもの
   なぜバブルは発生したのか
   リクルート事件
   三菱重工の転換社債事件
   総会屋事件と山一證券の崩壊
   ホリエモンと村上ファンド
   ニッポン放送と阪神電鉄株の買占め事件
   解体現象に付け入る外資
   ダイエーの没落

 2 銀行の問題
   公的資金とは誰のカネか
   株式会社の社会的責任
   三井住友銀行の誕生
   りそな銀行の不良債権
   日興コーディアル株を上場廃止できるか?
   北海道拓殖銀行の破綻
   銀行合併はうまくいかない
   持株会社は危険
   小糸製作所株の買い占め

 3 会社の乗っ取りと合併
   TOBと乗っ取り
   いすゞとGMの提携
   GM・フォードそしてトヨタ──自動車産業の盛衰
   メインバンクシステムが崩れている
   ハゲタカ・ファンドによる大企業解体
   トヨタの二十年後は、今のGMを見よ

 4 公害・薬害・食害・事故隠し
   欠陥車問題
   水俣病のチッソは刑事罰を受けていない
   「公害」は「会社害」
   構造改革は「政財界の鉄の三角形」を崩した
   相次ぐ電力会社の事故かくし

 5 会社を監視する
   堕落したジャーナリズム──日本経済新聞
   アメリカのジャーナリズム
   広報部というマスコミ対策
   独立した記者の役割
   「要注意人物」
   擬制的同族支配──松下とトヨタ
   御用学者の群れ
   岐路に立つジャーナリズム


II バブル崩壊以前の事件史

 1 戦後四十年までをさぐる
   西山弥太郎(川鉄社長)の時代
   表と裏の顔を持つ日本企業
   倉紡、鐘紡のお家騒動
   三池争議と生産性向上運動
   高度成長にみる内部化の論理
   昭和三十年代は大企業の時代
   ジャーナリストに問題はないか

 2 財閥解体と再生
   財閥解体のカギは株
   占領政策に迎合した財閥
   財閥の解体で企業が発展
   三菱商事、三井物産の再合同
   「法人資本主義」と企業

 3 公害と企業戦略
   チッソ水俣病
   法人には刑事責任がない?
   「社長も水銀の入った水を飲め」
   会社がつぶれたら困る
   風上に住んでいる工場長

 4 企業と消費者運動
   ホンダ対ユーザーユニオン
   フェアプレーは成り立たない
   松下電器のカラーテレビ二重価格事件
   独禁法と消費者保護
   サントリーにそっぽ

 5 買占め・乗取り
   陽和不動産(現・三菱地所)株の買占め
   白木屋(現・東急百貨店)の乗っ取り
   近鉄による奈良電鉄乗っ取り
   三光汽船vsジャパンライン
   財界は買占めにどう対応したか
   安定株主工作のもつ危険性

 6 倒産
   系列化の手段に使われる
   会社更生法と銀行
   山一證券、安宅産業の救済
   倒産と経営者の責任
   三光汽船の倒産
   何が虚業か、実業か?

 7 疑獄と企業社会
   昭電、造船、炭鉱国管
   八幡製鉄政治献金事件
   ロッキード事件と田中角栄
   政治家が総会屋的になる
   表の論理、裏の論理
   使途不明金の責任の行方

 8 日本的経営と合併
   三菱商事の大合同と岩田商事の倒産
   住友グループの外延的拡大戦略
   三菱重工合併と海運再編成
   新日鉄合併と独占禁止法
   挫折した銀行合併、三菱─第一、住友─関西相互

 9 株価操作
   殖産住宅株で儲けた首相
   公募といえるのか?
   株で儲ける政治家たち
   四大証券による大量推奨販売
   証券と法人の連合が株価を左右
   時価発行は株主の権利侵害か?

 10 日本的経営と労働組合
   労組は出世へのジャンプ・ボード
   高度成長を支えたブルーホワイト
   労働運動の変容と企業社会
   生産性向上運動の展開と労働組合
   企業一家主義を支える労働組合
   日本的経営と日本的労働運動


あとがき   奥村 宏
   会社を見る眼
   氾濫する一方的会社情報
   会社事件史が意味するもの

著者プロフィール

奥村 宏  (オクムラ ヒロシ)  (

前中央大学教授、経済評論家、商学博士。新聞記者を経て、日本証券経済研究所主任研究員、龍谷大学教授などを歴任。専攻は、株式会社論。著書に『株式会社に社会的責任はあるか』(岩波書店)『企業買収』(岩波新書)『粉飾資本主義エンロンとライブドア』(東洋経済新報社)『会社はなぜ事件を繰り返すのか』(NTT出版)他多数。

佐高 信  (サタカ マコト)  (

経済評論家。1945年山形県酒田市生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、郷里の高校教師、経済誌の編集長を経て、評論家となる。「週刊金曜日」を発行する株式会社金曜日の代表取締役社長。

上記内容は本書刊行時のものです。