版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
都市と娯楽 : 開港期~1930年代 奥 須磨子(編著) - 日本経済評論社
...
首都圏史叢書

都市と娯楽 : 開港期~1930年代

縦220mm
297ページ
価格情報なし
ISBN
9784818815698
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2004年7月
登録日
2015年12月13日
最終更新日
2015年12月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

寄席・芝居・百貨店・競馬・郊外行楽は近代以降急速に発展する。都市とその近郊に住む人々の生活とともに都市の娯楽は質的・空間的にどのように変化したか。

目次

第1部 都市の娯楽(東京の寄席にみる都市社会史-民衆娯楽としての普遍性
松竹の関東進出と横浜演劇界
娯楽・百貨店事業と渋谷の開発-目蒲電鉄・東横電鉄と五島慶太
百貨店をめぐる娯楽の変容-昭和戦前の東京を中心として)
第2部 競馬という娯楽(娯楽移入窓口としての横浜居留地・開港場横浜
大衆娯楽としての競馬
もう一つの首都圏と娯楽-植民地競馬場を中心に)
第3部 郊外の娯楽(郊外の再発見
郊外行楽地の盛衰
京王電気軌道株式会社による沿線行楽地の開発-沿線案内図からの検討
東京近郊地域における娯楽の諸相)

上記内容は本書刊行時のものです。