版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
変革する文体 木村 洋(著) - 名古屋大学出版会
.
詳細画像 0

変革する文体 (ヘンカクスルブンタイ) もう一つの明治文学史 (モウヒトツノメイジブンガクシ)

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
A5判
縦217mm 横157mm 厚さ24mm
重さ 625g
358ページ
上製
価格 6,300円+税
ISBN
978-4-8158-1108-2   COPY
ISBN 13
9784815811082   COPY
ISBN 10h
4-8158-1108-3   COPY
ISBN 10
4815811083   COPY
出版者記号
8158   COPY
Cコード
C3095  
3:専門 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2022年12月25日
書店発売日
登録日
2022年10月25日
最終更新日
2023年1月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2023-01-22 読売新聞  朝刊
評者: 苅部直(東京大学教授・政治学者)
MORE
LESS

紹介

新たな文体は
新たな社会を
つくる

小説中心主義を脱し、政論・史論から翻訳・哲学まで、徳富蘇峰を起点にして近代の「文」の歩みを辿りなおし、新興の洋文脈と在来の和文脈・漢文脈の交錯から、それまでにない人間・社会像や討議空間が形づくられる道程をつぶさに描いた意欲作。

目次

凡例

序 章 徳富蘇峰という始点
     1 精神的開国の始まり
     2 文学者としての徳富蘇峰
     3 文は道を載るの器なり
     4 本書の内容
     5 表現欲の履歴

  第I部 精神的開国

第1章 徳富蘇峰の出発
     1 はじめに
     2 キリスト教、コブデン、ブライト
     3 福沢諭吉と徳富蘇峰
     4 『将来之日本』
     5 帝都の大家へ

第2章 徳富蘇峰の思想と文体
     1 はじめに
     2 平民主義の展開
     3 欧文直訳体
     4 故郷の発見
     5 宮崎湖処子『帰省』
     6 山林に自由存す

第3章 徳富蘇峰の人物論
     1 はじめに
     2 「ジヨン、ブライト」と『人物管見』
     3 解剖への自覚
     4 『吉田松陰』
     5 星野天知と北村透谷
     6 徳富蘇峰の相続人たち

  第II部 文学者の顔と政治家の顔

第4章 ポヱチカルな俗語
     1 はじめに
     2 二葉亭四迷の文体実験
     3 平民主義と俗語
     4 内田魯庵訳『罪と罰』
     5 山路愛山の史論
     6 19世紀末の討議空間

第5章 社会の罪を暴く
     1 はじめに
     2 徳富蘇峰と森田思軒
     3 ユゴーへの賛同
     4 樋口一葉「にごりえ」
     5 娼婦小説の流行
     6 写実主義の改訂版

第6章 移譲される風景論
     1 はじめに
     2 志賀重昴と徳富蘇峰
     3 『日本風景論』
     4 美意識の動員
     5 文学青年たちの風景論
     6 新思想の移譲

第7章 文明史から文学史へ
     1 はじめに
     2 文明史の輸入
     3 文学史の勃興
     4 排斥される慷慨
     5 偉人化する文学者
     6 人心の共同研究

  第III部 成長する不健全

第8章 深刻の季節
     1 はじめに
     2 懐疑する泉鏡花
     3 変貌する尾崎紅葉
     4 告白する国木田独歩
     5 心の革命

第9章 群生する人生観
     1 はじめに
     2 北村透谷の厭世
     3 人物論型の文学研究
     4 高山樗牛の本能
     5 自然主義隆盛期
     6 知識人の使い道

第10章 女哲学者、平塚らいてう
     1 はじめに
     2 小説と哲学の協力
     3 極大の時空間
     4 小栗風葉「さめたる女」
     5 森田草平『煤煙』
     6 思想先づ動きて動作生ず

第11章 煽動する告白
     1 はじめに
     2 自然主義文壇の告白
     3 『青鞜』と田村俊子
     4 平塚らいてうの共同生活
     5 私的なものの擁護

終 章 文の明治史
     1 青年を育てる
     2 討議空間を作り直す

  あとがき
  初出一覧
  図版一覧
  索引

著者プロフィール

木村 洋  (キムラ ヒロシ)  (

1981年 兵庫県に生まれる
2004年 神戸大学文学部卒業
2010年 神戸大学大学院人文学研究科博士後期課程修了
熊本県立大学文学部准教授などを経て
現 在 上智大学文学部准教授、博士(文学)

主著:
『文学熱の時代――慷慨から煩悶へ』(名古屋大学出版会、2015年、サントリー学芸賞)

上記内容は本書刊行時のものです。