版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
バズる書き方 成毛 眞(著/文) - SBクリエイティブ
..
詳細画像 0
SB新書

バズる書き方 書く力が、人もお金も引き寄せる

新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
新書判
216ページ
定価 900円+税
ISBN
978-4-8156-0637-4   COPY
ISBN 13
9784815606374   COPY
ISBN 10h
4-8156-0637-4   COPY
ISBN 10
4815606374   COPY
出版者記号
8156   COPY
 
Cコード
C0234
一般 新書 経営
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年10月30日
最終更新日
2020年12月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-04-11 産經新聞  朝刊

紹介

「バズる」は才能ではなくノウハウだ!
「書く力」が、人もお金も引き寄せる。

誰もがSNSを当たり前に使うようになり、
すべての人が手軽に「書くこと」で発信できる、「一億総書き手時代」が到来した。

副業としてブログやアフィリエイトを行う人が増えている昨今では、
「文字で自分の思いを伝える」重要性は日に日に高まっています。

しかし、「書くこと」が日常的になった半面、
「ネットで多くの人に読まれ、拡散されていく」=「バズる」文章の書き方、
情報発信の方法については、教わる機会がない。
いったい何を、どう書けば「バズる」のか?

本書では、HONZ代表の成毛眞が教える、
共感を呼び、最速で拡散させる最強のSNS文章術!

目次

はじめに

・「書けない人」ほど上手くなる
・誰でも1万分の1の書き手になれる
・SNSこそ本気が試される


第1章 バズる文章は見た目が9割

・好きな歌詞やセリフが1つあればいい
・スマホ仕様の見た目が重要
・門外不出! HONZ式文章術
【ルール1】何があっても「字下げ」するな
【ルール2】140字ごとに行間を作れ
【ルール3】特殊文字は使うな

・「漢字の閉じ開き」が第一印象を決める
・これだけは押さえておきたい校正の基本
・自分の書きグセを把握せよ


第2章 読み手を意識した書き方

・完璧な文章ほどつまらないものはない
・ネタを思いつかなくても無問題
・フォローテクで書く力が上がる
・「孫引き」するな

◆「自分の体験」を元に書いた文章
(1)実体験に基づく情報
(2)直接仕入れた情報

◆参照元リンクを貼りつけた文章
・3日に1回、複数投稿が最強


第3章 どんな相手にも誤解されない書き方

・ゆがめて受け取る読み手もいる
・意味にも「閉じ開き」がある
・慣用句は書き手の腕の見せどころ
・茶化し方にも作法がある
・修正しすぎると悪文になる


第4章 1行で引き込む書き方

・とにかく「1行目」が勝負
・いい文章にはグルーヴ感がある
◆「接続詞(副詞)で拍子をとる
◆テンポよく短文・中文・長文を交える

・細部に宿る助詞使い
・すらすら読ませる読点テク
・語尾で韻を踏め
・副詞は「ここぞ!」で使え
・「いいね!」もシェアも補足情報で決まる


第5章 共感を呼ぶ書き方

・あえて想定読者の「?10歳」を狙え
・ディスるよりほめろ
・賛否両論の話題は、忍び込ませろ
・批判文はポジティブに〆ろ
・思いつきで書くほど共感される
・コメント欄でフォロワーを増やす


第6章 人を動かし、買わせる書き方

・エッセイの極意は「起承転結・転」
・書く目的を決めろ――宣伝か、日記か?
・遠慮気味に書くと下手になる
・「言わずもがなの一文」が要
・「飯ネタ」がいちばん難しい
・買わせる最後の一押し

著者プロフィール

成毛 眞  (ナルケマコト)  (著/文

成毛 眞 (なるけ・まこと)
1955年北海道生まれ。元マイクロソフト代表取締役社長。
中央大学商学部卒業。自動車部品メーカー、株式会社アスキーなどを経て、1986年マイクロソフト株式会社入社。1991年、同社代表取締役社長に就任。2000年に退社後、投資コンサルティング会社「インスパイア」を設立。元スルガ銀行社外取締役。現在は、書評サイト「HONZ」代表も務める。『本棚にもルールがある』(ダイヤモンド社)、『インプットした情報を「お金」に変える 黄金のアウトプット術』(ポプラ新書)、『AI時代の子育て戦略』(SB新書)など著書多数。

上記内容は本書刊行時のものです。