版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
インドのフードシステム 下渡敏治(編著) - 筑波書房
.

インドのフードシステム 経済発展とグローバル化の影響

発行:筑波書房
A5判
213ページ
並製
定価 2,800円+税
ISBN
978-4-8119-0443-6
Cコード
C3033
専門 単行本 経済・財政・統計
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2014年8月
書店発売日
登録日
2014年7月14日
最終更新日
2014年8月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

第Ⅰ部「インド経済の変容とフードシステム」第Ⅱ部「フードセクターの諸相と展開」と第Ⅲ部「フードシステムを取り巻く社会経済環境の変化と資源・環境問題」のテーマでインドのフードシステムを論じた。

目次

序章 経済発展の下でのフードシステムの展開と本書の構成
1.本書の課題と研究の背景
2.本書の構成
第Ⅰ部 インド経済の変容とフードシステム
第1章 経済成長とフードシステムの構造変化
1.インドのフードシステムの特質
2.インド型フードシステムの変容
3.食料消費の高度化・多様化と食品製造業の発展
4.食料消費の動向 16
5.食料政策とフードシステムの将来
第2章 インドのマクロ経済と中所得国の罠
1.はじめに─「中所得国の罠」論争
2.インドのマクロ経済と経済発展の特徴─中国と比較して
3.インドの経済成長率とマクロ需要の動向
4.インドの海外部門とICT関連サービス部門
5.インドの格差問題と地域主義の弊害
6.おわりに─経済大国を目指すインドのもう一つの課題
第3章 グローバリゼーションとフードシステムの国際リンケージ─農産品貿易と外資導入─
1.はじめに
2.農産品の貿易構造の変化とフードシステム
3.フードシステムへの外資流入と戦略的投資分野としての食品産業
4.フードシステムのグローバル化の今後の展開と課題
第4章 経済開発計画とフードシステムへの影響
1.はじめに
2.経済開発計画の概要
3.第12次五ヵ年計画のフードシステムへの影響
4.おわりに
第Ⅱ部 フードセクターの諸相と展開
第5章 インド農業の展開とフードシステム─大豆を事例として─
1.はじめに
2.大豆の生産、需給および取引状況
3.低い大豆の生産性とその要因
4.JICA技術協力プロジェクト「マディヤ・プラデシュ(MP)州大豆増産プロジェクト」
5.おわりに
第6章 インド農業の展開とフードシステム─青果物を事例として─
1.はじめに
2.インドにおける青果物の生産と流通の動向
3.主要品目別の生産・流通
4.青果物のサプライチェーン
5.おわりに─青果物流通システムにおけるコールドチェーン─
第7章 インドの食品製造業・農産加工
1.はじめに
2.食品製造業の市場規模
3.近年における食品製造業の動向
4.メガ・フード・パーク計画
5.おわりに
第8章 インドにおける食品流通システムと流通組織
1.はじめに
2.食品の流通構造
3.食品小売業
4.外資系小売業に対する規制緩和政策
5.おわりに
第Ⅲ部 フードシステムを取り巻く社会経済環境の変化と資源・環境問題
第9章 腐敗撲滅運動と食料消費の実態─ターネー市の調査を中心に─
1.はじめに
2.腐敗撲滅運動と社会活動家のアンナ・ハザレ
3.背景にある「新しい飢餓問題」 159
4.食料消費の実態:ターネー市の事例
5.おわりに
第10章 インドにおける環境問題の深化とフードシステム
1.インドにおける食・農・環境の位置付け
2.インドにおける農業生産の現状
3.インドの環境問題と農業との関わり
4.インドの農業環境とフードシステムとの関わり
5.インドにおける食・農・環境の展望
第11章 食料安全保障と配給制度の課題
1.はじめに
2.伝統的な食料消費の特徴と変化の可能性
3.国家食料安全保障法の特徴と課題
4.おわりに
終章 フードシステムの展望と課題
1.フードシステムとインフレーション
2.フードシステムの展開と課題 
3.グローバル化とフードシステムの課題
索引

著者プロフィール

下渡敏治  (シモワタリトシハル)  (編著

日本大学生物資源科学部・教授

上原秀樹  (ウエハラヒデキ)  (編著

明星大学経済学部・教授

上記内容は本書刊行時のものです。