版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
北東アジア新発見伝 三橋 郁雄(著) - 太郎次郎社エディタス
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ト・日     書店
子どもの文化     書店(直)
直接取引:あり
返品の考え方: 常備期間中の場合をのぞき、返品はお受けいたします。了解書が必要でしたら、須田または尹の了解としてください。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

北東アジア新発見伝 (ホクトウアジアシインハッケンデン) 環日本海 旅日誌

このエントリーをはてなブックマークに追加
A5判
縦210mm 横148mm
200ページ
並製
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-8118-4050-5   COPY
ISBN 13
9784811840505   COPY
ISBN 10h
4-8118-4050-X   COPY
ISBN 10
481184050X   COPY
出版者記号
8118   COPY
Cコード
C0026  
0:一般 0:単行本 26:旅行
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2006年1月
書店発売日
登録日
2010年2月18日
最終更新日
2014年8月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

環日本海・北東アジア 貿易回廊つくりの旅!
今日はサハリン、明日はモンゴル、足を伸ばして平壌へ。
北東アジア諸国を結ぶべく、シンクタンク研究員ふたりが
縦横無尽に環日本海諸国を走りまわり書き留めた、体感的エッセイ。
60余点の貴重なカラー写真を収録。
自家用車のままロシアへ、日本海横断 国際フェリー体験、厳冬の北東アジア、
モンゴル、朝鮮半島、シルクロード、知られざる中国東北部……。
これまで情報の少なかった地域の2001─2005!
発行:博進堂

目次

第1章 平和には貿易がいちばん【2001】
[モンゴル 編]自国の港を持たない内陸国モンゴル
[中国東北 編]ロシア、中国、北朝鮮、三国の国境が錯綜する図們江地域
[極東ロシア 編]極東とヨーロッパを結ぶシベリア・ランドブリッジ

第2章 北東アジアの発展が北朝鮮を変える【2002】
[朝鮮半島 編]釜山より韓国東海岸をゆく
[続・朝鮮半島 編]未知の国、北朝鮮をゆく
[大連貿易回廊 編]北東アジアの大動脈、大連貿易回廊
[日中国交三十周年 編]日中国交正常化三十周年に思う

第3章 線路もつづくよ、道路もつづくよ、どこまでも【2003】
[シルクロード・中央アジア 編]
北東アジアと中央アジアを繋ぐチャイナ・ランドブリッジ
[厳冬のロシア 編]長く厳しいロシアの冬を知る
[厳冬の北東アジア 編]厳冬の北東アジアを旅する
[極東ロシアはお隣さん 編]ウラジオストクから中国国境グロデコボへ

第4章 まだまだ変わる、どんどん変わる【2004】
[プロジェクト動く 編]動き出した! 北東アジアの一大プロジェクト
[1200年前の日本海国家 編]1200年前の日本海交流ルート
[北東アジア新時代への提言 編]北東アジア新時代への提言
[自家用車でロシア 編]日本から自家用車でサハリンに

第5章 ボーダーレス新時代のはじまり【2005】
[日本海横断フェリー 編]活躍する韓国企業の日本海国際フェリー
[欧州に学ぶ 編]ボーダーレス先進地ヨーロッパに学ぶ
[韓国仁川・中国大連 編]橋を架ける

著者プロフィール

三橋 郁雄  (ミツハシ イクオ)  (

(財)環日本海経済研究所(ERINA)特別研究員
運輸省第一港湾建設局長をへてERINA特別研究員。2005年よりNPO法人「北東アジア輸送回廊ネットワーク」理事、企画委員長。北朝鮮を含む北東アジア各国の共同制作である『北東アジア輸送回廊ビジョン』をプロモート。著書に『北東アジア国際輸送路の整備に関する研究』、共著に『新絹之路─北東アジア貿易回廊の現場から─』『北東アジアの社会資本』など。

川村 和美  (カワムラ カズミ)  (

(財)環日本海経済研究所(ERINA)研究員
中国グループ所属。新潟・中国ビジネスモデル創出事業、中国東北旧工業基地振興戦略に関する研究、中国都市インフォメーションに関する研究をはじめとする中国関連の調査研究、および北東アジア輸送回廊に関する調査研究等に従事。北東アジア経済会議に参加。著書に『北東アジアの物流の新潮流』、共著に『新絹之路─北東アジア貿易回廊の現場から─』など。

上記内容は本書刊行時のものです。