版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
下山の哲学 竹内 洋岳(著) - 太郎次郎社エディタス
.

下山の哲学 登るために下る

四六判
256ページ
並製
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-8118-0843-7
Cコード
C0075
一般 単行本 体育・スポーツ
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年10月30日
発売予定日
登録日
2020年9月26日
最終更新日
2020年10月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

竹内洋岳最新刊にして、山岳書初(!)の「下山」ドキュメント

ヒマラヤ8000m峰14座完全登頂とは、14の山すべての頂から無事に下ってくるということ。「生きて還ってこなければ、下山しなければ、登山ではない」とつねづね語り、それを実現してきた竹内は、どのように山を下ってきたのか。疲労困憊のなかで頻発する危機、生死を分けた判断と行動、朦朧とする頭で考えていたこと……。敗退もふくめて、17年にわたる14座の全下山をたどり、現在に続く新たな挑戦を報告する。

世界的クライマー、ラルフ・ドゥイモビッツほか、本人を深く知る6人へのインタビューをとおして竹内洋岳を「解剖」するコラムも収録。

目次

Ⅰ▼「役割」(大規模登山隊)から「愉しみ」(少数精鋭チーム)へ
1995年 マカルー[1座目] 8000m峰初下山
1996年 エベレスト[2座目] デスゾーンからの逃避
1996年 K2[3座目] ベースキャンプへの「登頂」
2001年 ナンガパルバット[4座目] 切りひらいていく下山

Ⅱ▼クライマックスとしての下山
2003年 カンチェンジュンガ[敗退] ホワイトアウトのなかを
2004年 アンナプルナ[5座目] 二度と行きたくない山
2004年 ガッシャーブルムI峰[6座目] 身近にある死
2005年 シシャパンマ[7座目] ぐるり1周旅の締めくくり

Ⅲ▼生還するために
2005年 エベレスト[敗退] 死後の帰還
2006年 カンチェンジュンガ[8座目] 見失った帰路
2007年 マナスル[9座目] 灼熱のラッセル地獄
2007年 ガッシャーブルムII峰[敗退] 雪崩に飲みこまれて

Ⅳ▼ヒマラヤへの復活
2008年 ガッシャーブルムII峰[10座目] つぎの山への登り
2008年 ブロードピーク[11座目] 激痛と落石の恐怖
2009年 ローツェ[12座目] もっともつらい下り

Ⅴ▼14サミット完全下山
2010年 チョ・オユー[敗退] 新たなパートナーと
2011年 チョ・オユー[13座目] 幻覚のなかの軌道修正
2012年 ダウラギリ[14座目] 極限の夜を超えて

つぎの山へ――14サミッターの現在地

▼インタビュー
「登山家の突然変異」――シューフィッター 釣巻健太郎の視点
「妥協なき道具マニア」――登山用腕時計開発者 牛山和人の視点
「強くて繊細なlovely person」――14サミッター ラルフ・ドゥイモビッツの視点
「スマートな野心家」――医師 柳下和慶の視点
「つかまえちゃダメな人」――山岳気象予報士 猪熊隆之の視点
「つねに帰り道を知っている人」――山岳カメラマン 中島健郎の視点

前書きなど

はじめに 頂上に着いただけでは終わらない

 標高8000m を超える世界は「デスゾーン」と呼ばれます。そこは文字どおり、生命の痕跡すら感じない場所。私たちが続けてきた登山は、そのデスゾーンへ足を踏みいれ、登頂し、なんとか生きて帰ってくる、そのくり返しでした。大切なのは登頂することではなく、登頂して無事に帰ってくることです。

 頂上はゴールでも折り返し地点でもありません。登山の行程はひとつの「輪」のようなものです。頂上が輪のどこに位置するかは、ゴールしてはじめてわかること。頂上は地形的な最高地点ですが、登山という行為のピークは、かならずしも頂上ではありません。登山をひとつの輪と考えたとき、「登り」と「下り」は一体で、分ける必要もない。「登頂した」と言えるのは、頂上に着いたときではなく、ベースキャンプに帰ってきたときだと考えています。

 一方で、登山をテーマにした本やドラマで、下山の行程に光が当たることはあまりありませんでした。登頂をクライマックスとして物語が語られていく。たしかに、「山頂」はだれにとってもわかりやすい「ゴール」でしょう。しかし、じっさいに登山をしていると、山頂がゴールだと思うことはありません。

 私はよく、8000m 峰の登山を、底が見えない深い沼や池に潜ることに例えます。息を止めて水底まで潜っていき、息が続くうちに水面に浮上してくる。水底に達したからといって息はつけない。8000m 峰の頂上も同じです。着いたあとはあわてず、しかしスピーディーに、パニックにならないよう自制して、エネルギーが残っているうちにBCまで帰ってこなければなりません。息が続くうちに帰ってこなければならない下山中は、ゆっくりと記録をつけることすら許されないことがほとんどです。記録の少なさも、これまで下山に光が当たらなかった一因かもしれません。

 登山では「リタイア」ができません。どんなに苦労して登頂しても、あるいは途中であきらめるとしても、かならず自分で下山しなければならない。だから、「降りてくる」という行為は重要で尊いものです。降りてくるからこそ、つぎの登山ができる。下山はつぎの登山への準備であり、助走でもあるのです。

著者プロフィール

竹内 洋岳  (タケウチ ヒロタカ)  (

プロ登山家、14サミッター。1971年、東京都生まれ。立正大学客員教授。ハニーコミュニケーションズ所属。アルパインスタイルもとり入れた速攻登山で8000m峰に挑みつづけ、2012年に14座目となるダウラギリ登頂に成功。日本人初の8000m峰14座完全登頂を果たす。2013年、植村直己冒険賞を受賞。現在は、未踏峰への挑戦を続けながら、野外教室や防災啓発などにも取り組んでいる。著書に『標高8000メートルを生き抜く 登山の哲学』(NHK出版新書)、『頂きへ、そしてその先へ』(東京書籍)、聞き書きによる書籍に塩野米松『初代 竹内洋岳に聞く』(ちくま文庫)など。

川口 穣  (カワグチ ミノリ)  (構成

ジャーナリスト、編集者。1987年、北海道生まれ。2012年に山と溪谷社に入社し、登山雑誌の編集にたずさわる。18年に退社後は週刊誌『AERA』などで取材・執筆。宮城県石巻市の無料情報紙『石巻復興きずな新聞』副編集長も務める。編集・執筆を担当した書籍に『ヤマケイ登山学校 ロープワーク』(水野隆信監修、山と溪谷社)など。

上記内容は本書刊行時のものです。