版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
できる! つかえる! ことば遊びセレクション 向井 吉人(著) - 太郎次郎社エディタス
.
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|日教販|八木|子どもの文化
直接取引: あり
返品の考え方: 常備期間中の場合をのぞき、返品はお受けいたします。了解書が必要でしたら、須田または尹の了解としてください。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784811807966

できる! つかえる! ことば遊びセレクション

教育
このエントリーをはてなブックマークに追加
B5判
縦256mm 横182mm 厚さ8mm
重さ 316g
112ページ
並製
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-8118-0796-6   COPY
ISBN 13
9784811807966   COPY
ISBN 10h
4-8118-0796-0   COPY
ISBN 10
4811807960   COPY
出版者記号
8118   COPY
Cコード
C0037  
0:一般 0:単行本 37:教育
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2016年9月
書店発売日
登録日
2016年7月22日
最終更新日
2020年7月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

しりとり、回文、だじゃれにことわざ、CMコピーや詩作品─。教科書教材にもとりあげられる、古くてあたらしい表現活動「ことば遊び」。小学校教員として、「ことば遊び」の教育実践を長年続けてきた第一人者が、現場でつちかった60の技法と極意を子どもたちの作品とともに紹介。大人も子どもも楽しい、「ことば遊び」のアイデア集。

目次

I ことばが見つかる ひらがな遊び

15文字でことばさがし/ことばさがし・あ段づくし
2文字・3文字しりとり/2文字つなぎしりとり
テーマしりとり/しりとりでつなごう
だんだんしりとり/スーパーしりとり
「ん」の活用/促音「○っ」のつくことば
「○ん○ん」ことば/「○んち」ことば
ひともじ図鑑/だんだんことば ①②
しりあわせ/〈すむ〉と〈にごる〉
ことばのサンドイッチ/「っ」はさみサンドイッチ
ひと文字のせて/ことばの中のことば
オノマトペ連想あそび/反対ことば
【授業参観・むかいスペシャル】50音表からことばさがし

II 文が生まれる 漢字遊び

漢字カードで遊ぼう/新出漢字でこの一文!①②
似ている漢字でこの一文!/同じ漢字の音訓作文
漢字のなぞなぞづくり/漢字の分解作文
部首ばなし/音読み「かん」拾い
音から発想する漢字遊び三種
熟語でしりとり/だんだん熟語
【高学年でこそやってみたい】1年生の漢字から熟語さがし

III イメージが広がる 創作技法

あいうえおうた/ひともじうた
三行ばなし/三行ばなし・濁音編
なまえ遊び/かぞえもんく
かぞえうた①②/しりとり小ばなし
くつかむり①②/だんだんばなし
百字文/しりとりうた
カルタづくり/オノマトペカルタ

IV 型はめ創作 ことば遊びの詩の授業

■谷川俊太郎作品の授業
「かえるのぴょん」は何をとびこえる?
声に出して読む「あいたたた」
机の上で「けんかならこい」
「あな」を穴埋めする
「いろはがるた」に付け句する

■五つの詩作品の授業
和田誠「ことばのこばこ」から◎「しりとりもんく」の文字鎖
ねじめ正一「あいうえおにぎり」◎お段のことばと副詞を見つけて
岸田衿子「へんなひとかぞえうた」◎だれがどうした「かぞえうた」
川崎洋「言葉ふざけ」◎「さかさことば」でまねっこ創作
中江俊夫「たべもの」◎オノマトペからの連想創作

V もっと楽しく ことば遊びのカルタと本

■日本語カルタの活用術
『たべものかるた あっちゃんあがつく』/『あいうえおんカルタ』/『へんしんかるた』/『かいけつゾロリのおやじギャグかるた』/『新版 101漢字カルタ』/『江戸いろはかるた』

■[ブックガイド]本で読むことば遊び
回文の絵本/アナグラムあれこれ/しりあわせ・あたまそろえの絵本/早口ことばの絵本/だじゃれの絵本/決まり文句・替え歌の絵本/しりとりうた・つみあげうたの絵本/なぞなぞあそびの絵本/ことわざあそびの絵本/しりとりあそびの絵本/ひともじうたの絵本/あいうえおうたの絵本/かぞえうたの絵本/技法ミックス作品
*読み聞かせ・音読あそびにひと工夫

前書きなど

はじめに

 ことば遊びは、ことばを遊ばせる技法であり、表現活動のひとつです。さまざまな技法に動機づけられて、楽しく・おもしろく表現できちゃう、遊べちゃう。ふつうの文章表現は、見聞したものや心情・気持ちなどが動機づけになる自己表現です。だけど、ことば遊びは、単語やフレーズ、詩作品などをもとに、意味ではなく、音と文字を技法・ルールにのせて遊ばせるものです。
 しりとり、くつかむり(沓冠)、アクロスティック、だんだんことば……などなど、たくさんの技法があって、さながら遊園地のアトラクションのよう。学校作文によって紡がれることばは、見聞や感情に寄り添った表現になる。だけどことば遊びは、見つかったり引きだされたりしたことばのイメージによって表現される。こうしたことばさがしと文づくりの思考過程って、学校作文とはあきらかに異質なものではないでしょうか。
 教科書教材のなかにも、ことば遊びが表現活動のひとつとしてとりあげられています。いやあ、じつに喜ばしいことです。本書でもいくつかの事例を紹介しています。しかし、です。表現活動における思考過程、頭づかいの違いには、あまり気づかれていないように思います。
 そうです。ことば遊びは、初めにことばありき。パズルにも似たさまざまな技法によって動機づけられ、組み合わせたり、並べ替えたり、つないだりしながら、想像的なイメージへと広げ、ふくらませる。自己表現しなくちゃ、という縛りから解放されて、頭も心もリフレッシュすることうけあいです。
 小学校の三十人ほどの教室で実践する、授業としてのことば遊びはパワフル。飛び交うことば、イメージのすれ違いや飛躍、偶然のことばが化学反応する瞬間などを、わたしはしこたま体験してきました。そんな体験を反芻しながら、長年「学級だより」に書いてきた授業記録をもとに、本書はセレクト・編集されています。でも、ことば遊びのおもしろさ・楽しさは「やってみなくちゃわからない!」──と、某テレビ番組のキャッチフレーズを借りて申し上げておきましょう。
 ことば遊びは、教室における関係性をとりもつ教材のひとつでもあります。
教科・教材・授業によって、子どもとの関係性はかたちづくられ、構築されます。ちょっと異質な思考過程をはらむことば遊びが、関係性の遊びや潤滑剤になるのではないでしょうか。

  【こ】とばの音を ならべかえたり
  【と】りかえたり
  【ば】あいによっては しりとりあそび
  【あ】んなことば こんなイメージ
  【そ】うぞうしながら ひろがるせかい
  【び】っくりぎょうてん うちょうてん

著者プロフィール

向井 吉人  (ムカイ ヨシヒト)  (

1948年、三重県生まれ。1972年~2009年、東京都小学校教員。定年までの37年間を学級担任として勤務。現在、東京都および立川市の非常勤教員・時間講師。長年にわたり、ことば遊びの教育実践と理論的研究、ことば遊びについてのコレクションとその批評を続けてきた。
1983年、ことば遊びの教育実践により久留島武彦文化賞を受賞。
ことばあそびの会には発足の1977年に会員となり、1985年からは全面教育学研究会に参加。
ことば遊びに関する著書に『素敵にことば遊び』(學藝書林)、『ことば遊びの授業づくり』(明治図書)、共著書に『作文わくわく教室』(さ・え・ら書房)など。子ども・教育に関する著書に『学校の内側から』(田畑書店)、共著書に『脱「学級崩壊」宣言』(春秋社)、『子供はぜーんぶわかってる』(吉本隆明氏に聞く、批評社)など。
全面教育学研究会ウェブサイトに「ことばっちの冒険」を掲載中。
http://zenmenken2014.web.fc2.com/

追記

本書で紹介した数々のことば遊びがすぐにできる!
プリント用ワークシートを公開(2016年10月下旬)
www.tarojiro.co.jp/kotobaasobi/からダウンロードできます

上記内容は本書刊行時のものです。