版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
サヨナラ、学校化社会 上野 千鶴子(著) - 太郎次郎社エディタス
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

品切れ・重版未定

取引情報

取引取次:
ト・日     書店
子どもの文化     書店(直)
直接取引:あり
返品の考え方: 常備期間中の場合をのぞき、返品はお受けいたします。了解書が必要でしたら、須田または尹の了解としてください。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

サヨナラ、学校化社会 (サヨナラガッコウカシャカイ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
縦188mm 横128mm
200ページ
並製
定価 1,750円+税
ISBN
978-4-8118-0666-2   COPY
ISBN 13
9784811806662   COPY
ISBN 10h
4-8118-0666-2   COPY
ISBN 10
4811806662   COPY
出版者記号
8118   COPY
Cコード
C0036  
0:一般 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
品切れ・重版未定
初版年月日
2002年4月
書店発売日
登録日
2010年2月18日
最終更新日
2023年8月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

★「こんな不況でよかったね。
 親や先生は将来のためにがんばりなさいと言うけれど、
 そんな生き方はみんなカラ手形になりました」
★義務教育から大学院、2年間のオーバードクターを含む24年の学生生活。
 そして偏差値四流校から東大までの教師生活。
 学校教育の受益者にして被害者という上野千鶴子が直言!
★評価に怯える優等生シンドロームの東大生、
 子育てに追い込まれた「音羽の母」。
 学校的価値に覆われた息苦しい社会をどう超えるか。
★学校はけっして人生のすべてじゃない。
 こちらがダメならあちらがある、会社がつぶれても私は生きられる……
 多元的な価値を見いだし、生き抜く「知恵」をつけよう。
 これは希望のメッセージです。
【2015.5.22】四六判の紙書籍は品切になりました。筑摩書房より刊行されている文庫版か、電子書籍版をごらんください。

目次

1 東大生、この空洞のエリートたち
   おそろしく素直だった東大生/講議を要約しただけのレポート/東大でもついて
   回る偏差値/評価されることに怯えつづけて/学校とは失敗してもいいところ
2 学校に侵食される社会
   近代の制度としての学校/「頭の競争」は機会均等で公平か/敗者に現実をどう
   納得させるか/優等生のがわにある不安/学校的価値におおわれた社会
3 少女・母・OLたちの学校トラウマ
   学力を売るか、女を売るか/エリート女性がエリート男を求める理由/売春によ
   る女性性の奪還……「東電OL」/失敗を許されない子育て……「音羽の母」
4 学校は授業で勝負せよ
   ムダ金になりつづける教育投資/オリジナリティとは「異見」のこと/消費財として
   の学位/教師は「わかる」快感を提供できるか/知育限定の「小さな学校」でたくさんだ
5 授業で生存戦略、教えます
   「小さな問題」から取り組んでみる/一次データから情報を絞りあげる/インタビュー
   で関係の結び方を学ぶ/動くことで偏差値コンプレックスを乗り越える
6 上野千鶴子の楽屋裏
   私は僧院生活者/それは「主婦って、なに」から始まった/女は英語習得にとても
   ラッキー/外国経験が生みだす「難民」感覚
7 ポストモダンの生き方探し
   未来のために今をガマンする近代/会社と貸し借りナシの関係……フリーター
   「二流エリート」としてのオウムの若者/持ち寄り家計という生き方

版元から一言

【2015.5.22】四六判の紙書籍は品切になりました。筑摩書房より刊行されている文庫版か、電子書籍版をごらんください。

著者プロフィール

上野 千鶴子  (ウエノ チヅコ)  (

上野千鶴子(うえの・ちづこ)
1948年生まれ。社会学者。京都大学大学院博士課程終了。平安女学院短大、京都精華大学などをへて、現在、東京大学大学院人文社会系研究科教授。
著者が「記念すべき処女喪失作品」と呼ぶ『セクシィ・ギャルの大研究』(82年)以来、フェミニズムの立場からメジャー論壇で話題を提供しつづけるかたわら、『女性学年報』を編集して日本の女性学を手弁当で育てあげた一人。在野の女性の集まりにも精力的に駆けつける。男社会とはげしく斬りむすぶその力の源泉を鶴見俊輔は、「自己をくり返しとらえなおすスタイル、かなり長い期間にわたって同時代の変動を見わたす力、男によりかからず老若の女たちを結ぶ大小さまざまのネットワーキングへの参加の3者の組み合わせ」と指摘する。
■本書は、著者はじめての教育・若者論をテーマとした作品。近著に『差異の政治学』(岩波書店)、『上野千鶴子が文学を社会学する』(朝日新聞社)、『ナショナリズムとジェンダー』(青土社)、『発情装置』(筑摩書房)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。