版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
希望の教育学 パウロ・フレイレ(著) - 太郎次郎社エディタス
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ト・日     書店
子どもの文化     書店(直)
直接取引:あり
返品の考え方: 常備期間中の場合をのぞき、返品はお受けいたします。了解書が必要でしたら、須田または尹の了解としてください。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

希望の教育学 (キボウノキョウイクガク)
原書: Pedagogia da Esperan溝

このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
縦196mm 横132mm 厚さ26mm
重さ 441g
336ページ
上製
定価 3,200円+税
ISBN
978-4-8118-0663-1   COPY
ISBN 13
9784811806631   COPY
ISBN 10h
4-8118-0663-8   COPY
ISBN 10
4811806638   COPY
出版者記号
8118   COPY
Cコード
C0037  
0:一般 0:単行本 37:教育
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2001年11月
書店発売日
登録日
2010年2月18日
最終更新日
2014年8月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

いまある状態が、すべてではない。ものごとを変える、変えることができる、という意志と希望を失ったそのときに、教育は、被教育者にたいする非人間化の、抑圧と馴化の行為の手段になっていく。いまある所与の状態を引き受け、それを直視しつつ、誠実かつ老獪に「可能な夢」を模索する教育思想家フレイレの晩年の主著。

前書きなど

訳者後書きから

 本書は,Paulo Freire Pedagogia da Esperan溝 Um reencomtro comapedagogia do oprimidoの全訳です。底本としては、PazeTerra発行の第2版を使いました。
 1970年に刊行された『被抑圧者の教育学』は、世界中のいたるところで読みつがれて教育思想の「現代の古典」となっていますが、今日の状況とのかかわりを通して、著者自身がそれをあらたに「再読」した記録が、この本といえましょう。自著を再読する、ということは、それをくりかえしre-createする,というこつでもあるわけです。同時にこの本には『被抑圧者の教育学』の成立の経緯なども語られていて、第三世界の激動する歴史の証言としても重要なものでしょう。
 原テキストは息の長い、連想・飛躍・転調が複雑に織り込まれた、かなり手の込んだ文章です。その意味では難文といってもよいのでしょうが、ブラジルの読者の多くは、このテキストから聞こえてくるフレイレの「声」に耳を傾けているのだと思います。国文学者の広末保氏は『元禄期の文学と俗』のなかで、「西鶴はかくことによって、話術を、読むことのできる話術として再現した」と指摘していますが、フレイレのこの本も「読むものをして、話を聞いているような気にさせてしまうかきかた」で書かれています。それはたんに「話術」を文字に書き取るということではなくて、「読まれる話しことば」「書かれる話しことば」を、あらたに開発していく試みでもあるでしょう。

著者プロフィール

パウロ・フレイレ  (パウロ・フレイレ)  (

Paulo Freire  1921年ブラジルの東北部に生まれた。1960年代初頭の「民衆文化運動」に参加、その卓越した成人識字教育の実践によって、広くブラジル内外の注目を集めた。64年、軍部のクーデタで祖国を追われ、以後15年間、チリ、スイスなどで亡命生活をおくる。その間に『被抑圧者の教育学』などの著作と第三世界各地での民衆教育プロジェクトへの参画を通して、伝達中心の「預金型教育」を批判、被教育者の主体性を重んずる「対話的教育」の必要を説きつづけた。82年帰国、89-91年はサンパウロ市教育長として公教育改革にとりくむ。1997年に急逝。その思想と方法は、死後、ますますその重要性が明瞭になりつつある。

里見 実  (サトミ ミノル)  (

1936年生まれ。国学院大学教員。前『ひと』編集代表委員。
本書に関連する著作・翻訳として、
「パウロ・フレイレ『被抑圧者の教育学』第1章をめぐって」(国学院大学教育学研究室紀要第33号)、
「フレイレとボアール」(同上 第20号)、
『ラテンアメリカの新しい伝統』(晶文社)、
『学ぶことを学ぶ』(太郎次郎社)、
フレイレ『伝達か対話か』(共訳 亜紀書房)、
ガドッチ『パウロ・フレイレを読む』(共訳亜紀書房)などがある。

◎おもな著書
『もうひとつの学校に向けて』(村田栄一との共著・筑摩書房)
『学校を非学校化する』(太郎次郎社)
『働くことと学ぶこと』(太郎次郎社)
『学ぶことを学ぶ』(太郎次郎社)
訳書にアウグスト・ボアール『被抑圧者の演劇』(晶文社)など。

上記内容は本書刊行時のものです。