版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
野生動物が見つめるゴミ列島 宮崎 学(著) - 太郎次郎社エディタス
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ト・日     書店
子どもの文化     書店(直)
直接取引:あり
返品の考え方: 常備期間中の場合をのぞき、返品はお受けいたします。了解書が必要でしたら、須田または尹の了解としてください。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

野生動物が見つめるゴミ列島 (ヤセイドウブツガミツメルゴミレットウ) 宮崎学のカメラ・アイ

このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
縦196mm 横132mm
192ページ
上製
定価 1,699円+税
ISBN
978-4-8118-0454-5   COPY
ISBN 13
9784811804545   COPY
ISBN 10h
4-8118-0454-6   COPY
ISBN 10
4811804546   COPY
出版者記号
8118   COPY
Cコード
C0036  
0:一般 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
1996年11月
書店発売日
登録日
2010年2月18日
最終更新日
2014年8月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

繁栄と自然破壊、飽食とゴミ、自然の生態系がくずれるなかで、日本の野生動物の変貌は人間社会のぶきみな未来像を予告する。中卒後、独学でカメラ術を究め、自然界の報道カメラマンとなった著者がゴミ列島日本の取材とこれまでの自分史とを語り、衝撃の写真50葉を添える。

目次

I……生きる戦略を自然界から学ぶ
 勉強なんて大嫌い! 鳥たちに熱中した小学校時代
 転機となった子リス“コロ”の死、鳥たちを空に放つ
 カメラとの出会い、レンズは鷹の目の輝き
 絶望の淵へ、河川工事で汚れた飲み水で腎臓病に
 神秘の鳥・フクロウ、だれにも撮れない写真を撮ろう!
 徹夜のフクロウ撮影で吐血二度、死んだつもりになって
 知られざる自然界を探ろう、「フクロウ」から「けもの道」へ
 絶望のときクマタカに魅せられて、ワシとタカ15年

II……「けもの道」から「鷲と鷹」へ
「けもの道」の発見、道は人間だけのものではない
 発想を転換して、ロボットカメラで「けもの道」を撮る
 日本のワシとタカ16種類、その全部を撮ろう
 ハヤブサとの出会い、潮風にさらされた断崖絶壁の八時間
 カンムリワシへの挑戦、沖縄・西表島へ
 通説をくつがえす、カンムリワシの営巣を撮る
 野生動物の一員として、自然界から学んだカメラ・アイ

III……フクロウとカラスの子育て
 フクロウの性別分業、オスは狩り、メスは育児
 卵に話しかける親鳥、こたえる卵の中のヒナ
 不気味な絶叫、母フクロウの子別れ・子フクロウの親別れ
 自然界のサイン、巣の外に産みおとされる卵
 自然界のバランス、餌を中心につながりあう
 カラスの人間ウオッチング、カラスの巣づくりから見えてくる人間社会
 すばらしい学習能力、親子カラスのゴミあさり学習会

IV……野生動物から見た人間のゴミ事情
 東京に暮らす、ドブネズミとクマネズミ
 タヌキを襲った異変、ガンと白毛のタヌキ
 人間がつくりだした“害獣”、サルとニホンカモシカ
 巨大産業となったペットブーム、「動物愛護センター」って?
 自然界の“お掃除屋さん”がいても、新種の“菌”が異常繁殖
 拡散していくゴミゴミ事情、自然界の変動に適応する野鳥たち
 生命の汚染、ハヤブサの子育て9年間の失敗
 絶滅するウリミバエ、動物たちは黙って生きている

V……動物たちの死、その循環
 動物にとって“死”とはなにか? 使命感につき動かされて
 動物の死体はどうなる? 死体から自然界に出されるサイン
 季節によって出番がくる、死体処理係の生きものたち
 死体は大地に還り、新たな生命にひき継がれて
 覚醒する瞬間、ひとは大地に生かされ、大地に還る

著者プロフィール

宮崎 学  (ミヤザキ マナブ)  (

宮崎 学(ミヤザキ マナブ)
1949年、長野県生まれ。写真家。
「自然界の報道写真家」として、自然と人間をテーマに社会的視点に立った作家活動を続けている。
◎受賞
1978年 第1回「絵本にっぽん大賞」
1982年 第32回日本写真協会「新人賞」
1990年 第9回「土門拳賞」
1995年 第45回日本写真協会「年度賞」
1996年 第26回「講談社出版文化賞」
現在、ニコンサロン運営委員、日本写真家協会(JPS)会員
◎代表的な写真集・著書
『ふくろう』……1977年(福音館書店)
『けもの道』……1979年(共立出版)
『鷲と鷹』……1981年(平凡社)
『けもの道の四季』……1984(平凡社)
『鷲鷹ひとり旅』……1987年(平凡社)
『フクロウ』……1989年(平凡社)
『冬のけもの道』……1990年(理論社)
『森の365日』……1992年(理論社)
『野生に生きる』……1992年(朝日新聞社)
『宮崎学の自然観覧車』……1994年(朝日新聞社)
『死』……1994年(平凡社)
『アニマル黙示録』……1995年(講談社)
『ハヤブサの都市』……1996年(フレーベル館)

上記内容は本書刊行時のものです。