版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
〈さるぐつわ〉の祖国 古川利明(著/文) - 第三書館
.

〈さるぐつわ〉の祖国

発行:第三書館
四六判
496ページ
上製
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-8074-1144-3
Cコード
C0031
一般 単行本 政治-含む国防軍事
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2011年10月
書店発売日
登録日
2011年9月20日
最終更新日
2012年6月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

●横田めぐみ「拉致完了」の暗号無線を傍受していた日本の公安警察。●「蓮池薫は私を拉致しに北から来た」と証言の愛知県元小学校教員。●「北で起きたことを話すと、残留被害者が戻れない」は本当なのか?などなど、拉致問題タブーに挑戦、万人の疑問を解明する話題の1冊!

目次

はじめに 日本に帰国後も嵌ったままの「さるぐつわ」
 日本警察は拉致情報をリアルタイムで無線傍受/4
 横田めぐみさん拉致の「任務完了」も傍受/5
 盗聴機関の秘密優先で拉致容疑者を立件せず/8
 拉致被害日本人は「数十人から三百人」/9
 祖国に帰ってもとれない「さるぐつわ」の正体は?/10

第1章 拉致問題は〝元日本人〟金正日の〝ウラの朝鮮戦争〟だ
 拉致を指揮していたのは「金正日本人」だ/11
 「横田めぐみさんを探すポスター」も北へ〝拉致〟/15
 金成柱大尉が「金日成将軍」に変身/18
 北の主張に従うと、金正日は「日本人」として生まれた/21
 スターリニズム嫡流の北朝鮮国家/24
 「ウラの朝鮮戦争」としての拉致問題/26
 「国家主席」を廃止、国のトップは「国防委員長」/30
 政府も軍も党のコントロール下にある/33
 映画オタクから「拉致オタク」に変身?/35
 「日本人拉致」のふたつの効果的利用法/36
 日本経由で韓国潜入の工作員は数百人/41
 「出身成分」という名のカースト的身分制度/43
 日本では「学習組」という名のヒエラルキー/46
 「調査部」「連絡部」「作戦部」がテロや拉致担当/50
 国家を維持していくために必要な「暴力装置」/55
 スターリン的粛清の嵐の後に金日成独裁完成/57
 金日成神格化の道具としての「主体思想」/60
 朝鮮流の文化大革命としての主体思想化/63
 映画を通しての「金正日後継者」足固め/66
 主体思想を体系化してみせたのは金正日の〝先生〟黄長〓/67
 「党中央」という名の金正日の功績による二代目即位/70
 「後継者」金正日の〝成果〟としての、日本人拉致/71
 金正日の過剰な「思い入れ」とこだわりによる日本人拉致/73
 金正恩の日本語教師は日本人拉致被害者?/76
 ブランデーを「イッキ飲みしたら百ドル」(金正日)/80
 「ちょっとタバコを買いに」日本へ侵入する北朝鮮工作員/82

第2章 「金大中拉致」と「日本人拉致」をつなぐもの
 角栄が事前に「条件付了承」していた「金大中拉致」/88
 文世光事件のカゲに「大同江」と「洛東江」/91
 70年代には北の在日秘密工作機関が約50/98
 「在日朝鮮人」イコール「朝鮮総連系」ではない/101
 金大中を支えた多くのシンパが日本にいた/104
 北朝鮮が利用した、左翼インテリの思い込み/106
 北朝鮮評価が180度転換した、小泉訪朝後の「拉致バブル」/109
 日朝国交正常化とカネの動きの連動性/112
 小泉訪朝の「成果」は大略、金大中の仲立ちどおり/120
 「拉致被害者八人死亡」で、北朝鮮バッシングの嵐に突入/124
 「よど号案件」は金正日案件そのものである/129
 よど号メンバーの結婚相手も金正日が決裁/133
 欧州から若い日本人を北へ連れてくる「工作員」活動/135
 北へ連れていく前に「了解活動」と「組織の承認」/139
 よど号グループ内では「男性上位」が徹底/142
 ニセドルを本物に交換させて、金正日が「スゴヘッソ(ご苦労)」/146
 国家経済は「第一経済」と「第二経済」と「党の経済」の三つ/149
 よど号メンバーリーダー田宮高麿の急死と金正日による謀殺説/150
 拉致問題解決の対象者は「約七十人」/156
 「同志同朋の繁栄のため、万景峰号で北へ向かった」/163
 山梨で失踪の山本美保は山形で遺体発見?/165
 「日本人拉致」の功績で権力基盤を確立させた金正日/170
 「1960年に行方不明、北で82年に日本語教師」の木村かほるさん/174
 北の統治システムの根幹に直結する「拉致問題」/175

第3章 タブーとしての「拉致問題」
 「個別取材の自粛」という「節度ある取材」/178
 「救う会」と「家族会」を取り仕切った超タカ派コンビ/182
 拉致議連がさらにすすめた「家族会」の右傾化/189
 「北朝鮮タブー」から「拉致被害者タブー」への急転換/193
 蓮池薫の子供のインタビューを断ったTBSと共同/195
 「週刊朝日廃刊騒ぎ」になった地村夫妻インタビュー/197
 「未帰還拉致被害者情報を報道するのは利敵行為」/203
 「政府の方針に疑念を生じさせる発言」を許さない〝検閲〟/206
 「拉致」を否定して、北と日本を行き来する寺越武志/211
 「慎太郎と大作の握手」+拉致バブル=右傾化路線/218
 拉致被害者帰国の後方支援としての創価学会の力/224
 拉致バブルが結集軸となった「時代の右傾化路線」/227
 「救う会」に結集した人々から現れた、テロ指向の行動派/235
 「救う会熊本」理事が「建国義勇軍」テロで逮捕/239

第4章 直撃・帰国者五人の〝見えないさるぐつわ〟
 「仕事が終っても話すことはない」(地村保志)/246
 「せがれにはどんどん喋れ」と言ってる(地村保)/249
 「蓮池は今でも総連を通じていろいろ報告しとると思う」(地村保)/250
 「パチンコ屋が『おたくの息子は北で暮らしてる』」(地村保)/253
 「小泉訪朝がなければ、娘は工作員にさせられた」(ジェンキンス)/254
 ジェンキンス自身も、「工作員」任務に従事か/266
 「あなたが北に戻らなくても、どうしようもない」/270
 朝鮮語の初歩は横田めぐみが曽我ひとみに教えた/276
 「横田めぐみさんに何をしているか、聞いてはまずい感じだった」/280
 「私の意志で話さないと決めてます」(曽我ひとみ)/282
 「薫の心は今でも平壌にいる」(蓮池ハツイ)/285
 「兄貴、そうだろ、ウン?」と蓮池薫/288
 「薫の翻訳は工作員の日本浸透用の資料では」(蓮池透)/295
 北朝鮮時代のことはほぼ皆無の、蓮池薫の「手記」/297
 「工作員になって海外の日本大使館に駆け込む」(田口八重子)/302
 「日本の意思を金正日に伝える側近なし」(蓮池薫)/306
 「ルートを通さない人には、今後とも取材に応じない」(蓮池薫)/309
 喋らないから、「北のスパイだ」と言われることもある/314

第5章 「蓮池薫が私を拉致しに来た」(元小学校教諭・横井邦彦)
 拉致被害者が工作員となって日本「密入国」/317
 拉致被害者が日本で拉致未遂事件を起こす/319
 「私の拉致未遂については、蓮池薫が語るべき」(横井邦彦)/321
 「私は鵜飼いの鵜だ」と「蓮池薫」は言った/329
 蓮池薫は百人くらいいる日本人工作員のリーダー格/331
 「当時の左翼の活動家が亡命するなら、北朝鮮より中国」/336
 「横井証言は嘘」発言の重村智計が流す「金正日死亡説」/340
 二重の〝拉致被害者〟としての蓮池薫/343

第6章 「食い物」にされていった「拉致問題」
 拉致工作員「辛光洙」も元は拉致被害者/349
 「オマエのあっちにいる家族がどうなっても知らんぞ」/357
 「私は〝原〟という日本人になったんだ」/362
 「もしかしたら地下に潜るかもしらんよ」で、銃殺/366
 北での事実を公にすることが、いちばん重要な対抗手段/371
 「何だ、これは横田めぐみじゃないか」/375
 「現代の神隠し」は「北朝鮮の拉致」であった/379
 「外国情報機関が関与か」と遠慮がちに書いたサンケイ新聞/384
 「家族会」と「救う会」の〝純粋な〟スタートから、タブーへ/389
 拉致バブルによる「救う会」のカネにまつわる内紛/394
 拉致被害者の生死にまつわるタブーの呪縛/398
 「救う会新潟」へのヤクザの関与と内紛の暴力化/401
 政府は確証あっても、拉致認定者の数を増やしたくない/408
 「救う会」は〝水戸黄門〟、「家族会」は〝葵の御紋の印籠〟/410
 「救う会」の許可なしに「家族会」に取材できないムード/414
 拉致バブルに翻弄された脱北者安明進/417
 拉致問題なくして安倍政権なし/422
 「拉致ビジネス」を徹底させた安倍晋三/423
 「拉致問題解決なければ国交正常化なし」の自縄自縛/425
 「家族会」「救う会」に渡っていた数千万円の官房機密費/427
 拉致問題が解決してしまうと拉致利権も消えてしまう/429
 一番恐れていたのは、曽我ひとみの「もう、北に帰る」/431
 「孫に会いたいが、皆が行きたいというのでないと、行かない」/432
 「めぐみさんは死んでいる」(警視庁副総監)/434
 横田めぐみのDNA鑑定をミスリードした警視庁/438
 DNA鑑定を担当した人物の突然の抜擢人事/442
 組織存続のため、何が何でも被害者は生きていてほしい/444
 ケータイ所持だけで処刑される国での生存は?/446
 「救う会」は運動を続けるために「返せ、返せ」を連呼/452

第7章 「さるぐつわ」と「拉致問題」の核心Q&A
 彼らは政府にも「家族会」にも「救う会」にも真実を語っていない/454
 「さるぐつわ」について/454
 マスコミによる「拉致被害者タブー」も「さるぐつわ」の一因/455
 北での体験をオープンに語ることで、拉致問題解決へ/457
 日本政府のホンネは「あんまり喋るな」/458
 生存する拉致被害者の帰国のために喋るべきだ/459
 全員が「ホントのことを言いたい」と思っているはず/462
 「拉致問題そのもの」について/463
 金正日の「人となり」と密接不可分な「拉致問題」/463
 「拉致」によって「戦争をしかけている」という側面もある/465
 民主政権下でも「すべてが劇的に解決する」ことはありえない/467

あとがき
 家族会メンバーは皇室並みの〝神聖不可侵〟/470
 「さるぐつわ」の要因は北だけでなく日本にもある/471
 「北朝鮮の真相」を語ることが拉致問題解決の第一歩/473

主要参考・引用文献/475

著者プロフィール

古川利明  (フルカワ トシアキ)  (著/文

1965年、新潟県生まれ。1988年3月、慶応義塾大学文学部(仏文学専攻)卒業。同年4月、毎日新聞社入社。大阪本社社会部、高知支局、姫路支局、大阪本社社会部(東京本社政治部、高槻駐在)を経て、1994年8月退社。その間1994年には首相官邸で、毎日新聞東京本社政治部記者として、細川首相の「総理番」記者を務める。1996年1月、東京新聞(中日新聞東京本社)入社。首都圏部「TOKYO発」取材班を経て、1997年7月退社。現在、フリージャーナリスト。

上記内容は本書刊行時のものです。