版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
忌3 第三書館編集部(編) - 第三書館
.

忌3 忌野清志郎はよみがえる!

発行:第三書館
四六判
240ページ
並製
定価 800円+税
ISBN
978-4-8074-0954-9
Cコード
C0073
一般 単行本 音楽・舞踊
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2010年8月
書店発売日
登録日
2010年6月18日
最終更新日
2010年10月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

忌野清志郎が遺した500余曲から、もっともキヨシローのソウル(魂)を感じさせる99曲をセレクト。有名無名の250人が、その一曲ずつへの想いを語った。そう、忌野清志郎を自分たちのソウルによみがえらせるために。

目次

まえがき-忌野清志郎はよみがえる!

第1章 清志郎が遺したラブソング
 IDEA/アイディア
 共犯者/THE ACCOMPLICE
 お弁当箱
 お墓
 雨上がりの夜空に
 恋人はいない
 君が僕を知ってる
 こんなんなっちゃった
 Sweet Soul Music
 SKY PILOT スカイ・パイロット
 Drive My Car
 まぼろし
 あの娘のレター
 満月の夜
 エンジェル
 うわの空
 夜の散歩をしないかね
 I LIKE YOU
 あふれる熱い涙
 雪どけ
 インディアン・サマー
 口笛
 いけないルージュマジック
 風だらけ
 Baby#1
 宝くじは買わない
 LIKE A DREAM
 たとえばこんなラヴ・ソング
 約束

第2章 清志郎が遺したすごい歌
 あこがれの北朝鮮
 イツミさん
 スキー・スキー(スキーなの)
 ダーリン・ミシン
 日本の人
 ヒッピーに捧ぐ
 ファンからの贈り物
 夢を見た
 よそ者
 こころのボーナス
 偽善者
 3部作
 三番目に大事なもの
 善良な市民
 ヘリコプター
 よォーこそ
 ステップ!
 ガ・ガ・ガ・ガ・ガ
 Johnny Blue
 SUMMER TOUR
 ドカドカうるさいR&Rバンド
 MIDNIGHT BLUE
 温故知新
 NEWSを知りたい
 覚醒剤音頭
 宇宙大シャッフル

第3章 清志郎が遺したテツガク的な歌
 AROUND THE CORNER/曲がり角のところで
 セラピー
 スローバラード
 わかってもらえるさ
 WATATTA(河を渡った)
 ぼくはタオル
 山のふもとで犬と暮らしている
 指輪をはめたい
 幸せハッピー
 キミかわいいね
 シュー
 GOD
 つ・き・あ・い・た・い
 不思議
 北国の少女
 サラリーマン

第4章 清志郎が遺したカバー曲
 イマジン
 君が代
 明日なき世界
 500マイル
 デイ・ドリーム・ビリーバー
 ラヴ・ミー・テンダー
 パープルヘイズ音頭
 上を向いて歩こう

第5章 清志郎が遺した清志の歌
 いい事ばかりはありゃしない
 甲州街道はもう秋なのさ
 多摩蘭坂
 トランジスタ・ラジオ
 JUMP
 オーティスが教えてくれた
 激しい雨
 誇り高く生きよう
 帰れない二人
 ぼくの自転車のうしろに乗りなよ
 ぼくの好きな先生
 俺がロックンロール
 ラプソディー
 世間知らず
 夢
 Oh! RADIO
 誰も知らない
 愛を謳おう
 自由
 楽(LARK)

あとがき-忌野清志郎の「価値」を知るナビゲータとして

前書きなど

 99曲のセレクトについては、あくまでも編集部の独断によるものだから、異論反論があるだろう。「自分ならこの曲を入れる」といった声が、いまから予想される。
 しかし重要なことは、忌野清志郎そのものをよみがえらせることではない。
 だれしも忌野清志郎になることはできない。しかし、忌野清志郎が「夢じゃない」とシャウトした思いを持つことは、清志郎以外のわたしたちにもできる。
 そう、清志郎の曲を語ることは、彼のソウルをよみがえらせるだけではなく、自らのソウルをよみがえらせることになる。
 だから、死後何年がたとうとも、語ることをやめるわけにはいかないのだ。

版元から一言

 「キング・オブ・ライブ」忌野清志郎の死から1年。どんなに時が流れようとも、清志郎が遺した「歌」は生き続ける--。
 仕事や家事の合間、自転車に乗ってるときや牛乳飲んでるときに、ふとキヨシローを思い返している人々の「ナビゲータ」になればとの思いで編集しました。

上記内容は本書刊行時のものです。