版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
それは私がしたことなのか 古田徹也(著) - 新曜社
.

それは私がしたことなのか 行為の哲学入門

発行:新曜社
四六判
282ページ
上製
定価 2,400円+税
ISBN
978-4-7885-1344-0
Cコード
C1010
教養 単行本 哲学
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2013年8月
書店発売日
登録日
2013年7月12日
最終更新日
2013年9月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2013-12-29 朝日新聞
評者: 萱野稔人(津田塾大学教授)

紹介

◆倫理的思考の故郷へ
サンデル教授の公開講義ブームに始まり正しい行為とは何かを問う哲学書が人
気です。こうした本では以下のような極限的事例が議論されます。「列車が暴
走し線路上に立つ5人を轢かんとしている。ただし、眼前のレバーを引けば列
車は1人しか轢かない別の線路へと入る。引くべきか否か、その選択はどんな
理論で正当化されるのか……」。しかし、ジレンマに陥った中での苦渋の選択
というものから、倫理について多くを学べるのでしょうか。我々の目指すもの
は、こうした状況で躊躇せず正しい行為を選び取れる、ということではないの
ではないでしょうか。筆者は、我々の理解から乖離しない倫理の解明に向けて、
自由意志の有無、意図と行為の関係、さらには義務や責任と運との関係といっ
た「行為」の深い謎へと切りこみます。ままならぬ世界で不完全な道徳行為者
として生きる人間の核心に迫る哲学入門書。著者は新潟大学准教授。

上記内容は本書刊行時のものです。