版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ハンナ・アレント<世界への愛> 中山 元(著) - 新曜社
.

ハンナ・アレント<世界への愛> その思想と生涯

発行:新曜社
A5判
520ページ
上製
定価 5,700円+税
ISBN
978-4-7885-1341-9
Cコード
C1010
教養 単行本 哲学
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2013年10月
書店発売日
登録日
2013年8月22日
最終更新日
2013年10月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2013-12-15 朝日新聞
評者: 水無田気流(詩人、社会学者)

紹介

アレント思想の核心に迫る!

『人間の条件』『全体主義の起原』などで知られる政治哲学者ハンナ・アレン
トは、いまなお根強い人気をもっています。その主著ともいえる『人間の条件』
をアレントは「世界への愛」(アモール・ムンディ)と名づけようとしていまし
た。この逸話から著者は、アレントの思索と活動に底流するのは、師ハイデガ
ーの哲学の「超越・死・頽落」などとは異なる「他者と共生する」希望の哲学
であると主張します。そこから、彼女の多彩な著作(ギリシャのポリス、ロー
マの共和制、アメリカ革命、全体主義、アイヒマン裁判などを論じたもの)、
往復書簡などを分析し、さらにはナチスに関わったハイデガーとの秘められた
愛についてもふれて、一貫して「公的な領域」、公共性の保持に希望を見出し
活動したアレントの生涯を浮き彫りにします。数多いアレント論のなかでも、
「巻措く能わざる」の力作といえましょう。

上記内容は本書刊行時のものです。