版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
クラシック野獣主義 鈴木 淳史(編著) - 青弓社
.

クラシック野獣主義

発行:青弓社
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ16mm
重さ 232g
180ページ
並製
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-7872-7335-2
Cコード
C0073
一般 単行本 音楽・舞踊
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2013年6月
書店発売日
登録日
2013年5月15日
最終更新日
2018年12月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

クラシックは一度はまれば出口がない怪しくも魅惑に満ちた世界だ! 迷宮のなかで頼りになるのは自分の感性だけ。聴くことの快楽を突き詰めた達人たちのほとばしる感性に身をゆだねて皮膚感覚を研ぎ澄ませ、クラシックに耽溺しつくすための咆哮的論考集。

目次

はじめに 鈴木淳史

巷説洋琴皮算用――ボイルの法則講座 池尾 拓

調律師から見たピアニスト 佐藤慎太郎

もっとも危ないヴァイオリニスト 佐藤康則

演奏家の自己愛を堪能する――「名盤・奇盤の博物学」寄り道篇 竹内貴久雄

獣 許 光俊

クラシック演奏家は「ゲイのお仕事」か? 池田卓夫

室内楽に直情(欲情)する 中野和雄

コンサート・ホールには妖怪が棲んでいる 鈴木淳史

私を愛したピアニスト 小田島久恵

どん底からのクラシック 遠藤富泰

フェドセーエフの壮絶な死の音楽を愉しむ 生田俊揮

もしモーツァルトの出待ちなら 高野麻衣

野獣的嘆きとぼやき 平林直哉

野獣的感性でもってコンロン・ナンカロウを噛み砕くこと 石塚潤一

忘れられた名盤を聴き直す――「名盤・奇盤の博物学」補遺篇として 竹内貴久雄

盤鬼による野獣的怒り 平林直哉

源氏・狭衣の音楽的アナロジー 鈴木淳史

不健康オペラへの道 大山康生

狂気の女(ルビ:ソプラノ)は世界をその手に握っている 室田尚子

大人女子のためのタイプ別テノール・イケメン・ファイル 室田尚子

つかの間の営みは夢となって繰り返される 江森一夫

著者プロフィール

鈴木 淳史  (スズキ アツフミ)  (編著

1970年、山形県生まれ。売文業。著書に『不思議な国のクラシック』(青弓社)、『クラシック音楽異端審問』(アルファベータ)、『背徳のクラシック・ガイド』『愛と妄想のクラシック』(ともに洋泉社)、共編著に『クラシック・スナイパー』シリーズ、『クラシック反入門』(ともに青弓社)、共著に『村上春樹を音楽で読み解く』(日本文芸社)ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。