版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
モーツァルトとオペラの政治学 三宅 新三(著) - 青弓社
.

モーツァルトとオペラの政治学

発行:青弓社
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ17mm
重さ 350g
248ページ
並製
定価 2,000円+税
ISBN
978-4-7872-7302-4
Cコード
C0073
一般 単行本 音楽・舞踊
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2011年4月
書店発売日
登録日
2011年4月11日
最終更新日
2018年12月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

貴族社会から市民社会への転換期に生きた芸術家モーツァルト。彼のオペラの根底には愛と結婚をめぐる新旧社会の規範の対立や葛藤というエロスの問題が横たわっている。その社会的・文化的な諸相を『イドメネオ』から『魔笛』までの七大オペラを通して読み解く。

目次

はじめに――転換期の芸術家モーツァルト

第1章 『イドメネオ』――オペラ・セリアの解体の試み
 1 作品の成立
 2 オペラ・セリアとアンサンブル
 3 礼儀作法と怒り、愛
 4 エレットラ
 5 イリア

第2章 『後宮からの逃走』――市民社会的結婚観の勝利
 1 作品の成立
 2 太守セリム
 3 オスミン
 4 ベルモンテ
 5 コンスタンツェ

第3章 『フィガロの結婚』――愛と結婚をめぐる階級闘争
 1 作品の成立
 2 フィガロとアルマヴィーヴァ伯爵
 3 宮廷社会の結婚と市民社会の結婚
 4 スザンナ
 5 伯爵夫人

第4章 『ドン・ジョヴァンニ』――封建社会の崩壊の予兆
 1 レポレッロ
 2 ドン・ジョヴァンニ(1)
 3 ドン・ジョヴァンニ(2)
 4 ドンナ・アンナ
 5 ドンナ・エルヴィーラ
 6 ツェルリーナ

第5章 『コシ・ファン・トゥッテ』――市民社会的結婚の危うさ
 1 作品の評価
 2 フェランドとグリエルモ
 3 ドラベッラ
 4 フィオルディリージ

第6章 『皇帝ティートの慈悲』――オペラ・セリアの終焉
 1 作品の成立
 2 作品の評価
 3 メタスタージオの台本の改作
 4 皇帝ティート
 5 ヴィテリアとセルヴィリア

第7章 『魔笛』――愛による男性社会の破壊
 1 作品の成立
 2 タミーノ
 3 ザラストロとモノスタトス
 4 パパゲーノ
 5 パミーナと夜の女王

おわりに――モーツァルトとヴァーグナー

あとがき

著者プロフィール

三宅 新三  (ミヤケ シンゾウ)  (

1951年、岡山県生まれ。1975年、東京大学文学部卒業。1978年、東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程中退。現在、岡山大学大学院社会文化科学研究科・文学部教授。専攻はオペラ表象論、ドイツ文学。著書に『ヴァーグナーのオペラの女性像』(鳥影社・ロゴス企画部)、共著に『カルポス』(同学社)ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。