版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
淡島千景 淡島 千景(著) - 青弓社
.

淡島千景 女優というプリズム

発行:青弓社
四六判
424ページ
上製
定価 2,800円+税
ISBN
978-4-7872-7263-8
Cコード
C0074
一般 単行本 演劇・映画
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2009年4月
書店発売日
登録日
2018年12月3日
最終更新日
2018年12月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

映画・テレビ・舞台とスターとして最前線で活躍を続けた淡島千景。1年間に及ぶインタビューを通じて宝塚時代の思い出、映画人の横顔、出演作品のエピソード、そして自身の半生を語る。エッセーや淡路恵子へのインタビュー、森繁久彌の談話を所収する。

目次

まえがき 鷲谷 花


第1部 淡島千景インタビュー

 宝塚娘役スターとしての淡島千景と手塚治虫『リボンの騎士』 鷲谷 花
 淡島千景と獅子文六――『てんやわんや』から『大番』まで 志村三代子
 渋谷実の『もず』と淡島千景 坂尻昌平
 「二階の女」の闘争――時代劇映画における淡島千景 鷲谷 花
 逃げ去る女/母の肖像――小津安二郎『早春』における淡島千景の“女性性”イメージ 御園生涼子
 淡島千景と「三十年代/三〇年代の風景」――昭和経済史の視点から 梶谷 懐


第2部 淡島千景へのまなざし

 淡路恵子インタビュー
 垣内健二インタビュー
 森繁久彌談話


あとがき 志村三代子


淡島千景年譜 鷲谷 花

著者プロフィール

淡島 千景  (アワシマ チカゲ)  (

1924年2月24日、東京・日本橋に生まれる。本名・中川慶子。39年に宝塚音楽舞踊学校に入学。41年に宝塚歌劇団の一員になり、芸名「淡島千景」を名乗る。戦中から占領期にかけて、月組の娘役トップスターとして活躍する。50年に宝塚を退団、松竹へ入社。『てんやわんや』(渋谷実監督)で華々しい映画デビューを果たした後、小津安二郎、川島雄三、成瀬巳喜男、マキノ雅弘ら、各社を代表する監督たちの作品に立て続けに出演して、55年の『夫婦善哉』(豊田四郎監督)で初共演した森繁久彌とは以後も黄金コンビを謳われる。63年にはNHK大河ドラマ第一作『花の生涯』に主演するなど、日本映画の斜陽期にあって、いち早くテレビ、そして商業演劇へと活動の場を広げ、生涯現役の大スターとして活躍を続けた。

坂尻 昌平  (サカジリ マサヒラ)  (編著

映画研究者。専攻は映画学。監修・共著に『ジャック・タチの映画的宇宙』(エスクァイアマガジンジャパン)など。

志村 三代子  (シムラ ミヨコ)  (編著

早稲田大学演劇博物館グローバルCOE研究員。専攻は映画史。共編著に『映画俳優池部良』(ワイズ出版)など。

御園生 涼子  (ミソノウ リョウコ)  (編著

日本学術振興会特別研究員。専攻は映画論。共著に『映像表現のオルタナティヴ』(森話社)など。

鷲谷 花  (ワシタニ ハナ)  (編著

明治学院大学兼任講師。専攻は日本映画史。共著に『大東亜共栄圏の文化建設』(人文書院)など。

上記内容は本書刊行時のものです。