版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
社会は笑う・増補版 太田 省一(著) - 青弓社
.
青弓社ライブラリー 76

社会は笑う・増補版 ボケとツッコミの人間関係

発行:青弓社
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ14mm
重さ 300g
240ページ
並製
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-7872-3359-2
Cコード
C0336
一般 全集・双書 社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2013年7月
書店発売日
登録日
2013年6月14日
最終更新日
2018年12月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

マンザイブーム以降のテレビ的笑いの変遷をたどり、条件反射的な笑いと瞬間的で冷静な評価という両面性をもったボケとツッコミの応酬状況を考察し、独特のコミュニケーションが成立する社会性をさぐる。2002年刊の底本にゼロ年代の特徴を増補する決定版。

目次

序章 「観客」と「視聴者」

第1章 マンザイ的「笑い」の誕生――マンザイブームをめぐって
 1 吉本とフジテレビ
 2 ボケとツッコミの遊離
 3 笑い声の主張――「素人」の時代

第2章 「仲間」空間と「笑い」
 1 伸縮する内輪ウケ空間
 2 記号化する個体――キャラクターと「笑い」
 3 観察者の“興奮”

第3章 「笑い」が「感動」に変わるとき
 1 ドキュメンタリーと「笑い」
 2 予定調和としての「感動」
 3 「本気(ルビ:マジ)」の記号論

第4章 現代日本社会と「笑い」
 1 超疑似化の作法
 2 延命する疑似空間

終章 「笑う社会」の行方

補論 その後の十年――「芸人」たちの二〇〇〇年代

参考資料

あとがき

著者プロフィール

太田 省一  (オオタ ショウイチ)  (

1960年、富山県生まれ。社会学者。専攻は社会学、テレビ論。著書に『アイドル進化論』(筑摩書房)、共編著に『テレビだョ!全員集合』(青弓社)、論文に「「自作自演する社会」の臨界」(「世界」2006年2月号)など。

上記内容は本書刊行時のものです。