版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
女はポルノを読む 守 如子(著) - 青弓社
.
青弓社ライブラリー 64

女はポルノを読む 女性の性欲とフェミニズム

発行:青弓社
四六判
248ページ
並製
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-7872-3310-3
Cコード
C0336
一般 全集・双書 社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2010年2月
書店発売日
登録日
2018年12月3日
最終更新日
2018年12月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ポルノを、男だけではなく、女も楽しんでいる!――レディコミやBLの作品を読み、投稿にみる読者の実態や編集者へのインタビューも交えて、ポルノ=女性の商品化論が隠している女性の性的能動性を肯定し、ポルノを消費する主体としての存在を宣言する。

目次

はじめに

第1章 フェミニズムとポルノグラフィ批判
 1 ポルノ批判理論――ポルノはなぜ問題か
 2 ポルノ批判運動――批判運動とは何か

第2章 女性向けポルノグラフィの成立史
 1 ポルノグラフィの成立と女性向けポルノグラフィの出現
 2 女性向けポルノグラフィ成立の背景

第3章 女性向けポルノコミックの読者
 1 女性向けポルノコミックの何を分析するか
 2 女性向けポルノコミックの読者像
 3 雑誌に何を求めるのか
 4 好きな作品とイヤな作品

第4章 女性向けポルノと男性向けポルノ
 1 ポルノグラフィへの共感のあり方を分析するために
 2 「レディコミ」の表現技法の特徴――「エロ劇画」との比較分析
 3 「ハードなBL」という視点を通して――ポルノコミックの四ジャンルの特徴
 4 物語はなんのためにあるか
 5 ポルノコミックと読者の読み

第5章 女性向けポルノはなぜマンガなのか
 1 流通形態の問題?
 2 レディコミの写真記事
 3 写真で試みられた安全化の技法
 4 ポルノリテラシーを身につける

第6章 ポルノグラフィのために――フェミニズムからフェミニズムへ
 1 ポルノグラフィをどう考えるか
 2 フェミニズムのために

あとがき

著者プロフィール

守 如子  (モリ ナオコ)  (

1972年生まれ、北海道大学文学部卒業、お茶の水女子大学大学院修了(博士:社会科学)。現在は関西大学社会学部専任講師。専攻はジェンダー研究。博士論文に「女性向けポルノグラフィの社会学的分析」(お茶の水女子大学)、論文に「ハードなBL その可能性」(「ユリイカ」2007年6月臨時増刊号)、「〈ポルノグラフィ〉批判とポルノグラフィを消費する経験との間で」(「女性学年報」第20号)など。

上記内容は本書刊行時のものです。