版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
駄菓子屋・読み物と子どもの近代 加藤 理(著) - 青弓社
.
青弓社ライブラリー 10

駄菓子屋・読み物と子どもの近代

発行:青弓社
四六判
224ページ
並製
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-7872-3174-1
Cコード
C0336
一般 全集・双書 社会
出版社在庫情報
品切れ・重版未定
初版年月日
2000年5月
書店発売日
登録日
2015年12月21日
最終更新日
2015年12月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2015-06-28 東京新聞/中日新聞
評者: 永江朗(フリーライター)

紹介

近代に入って発見され、さまざまに意味づけられてきた「子ども」は、本当に保護されるべき受動的な存在なのか? 駄菓子屋や黎明期の子どもの読み物などから、社会に積極的に参加していた子どもの姿をさぐり、21世紀の子ども観を展望する。

目次

第1章 「児童の世紀」の光
 1 二十世紀の夜明け
 2 近代の矛盾とエレン・ケイの祈り
 3 「児童の世紀」の光

第2章 「児童の世紀」と読書の喜び
 1 精神の自由の獲得──近代公教育の普及と識字率
 2 読む楽しみを知る──子どもと教科書
 3 出版の近代化と近代読者の誕生
 4 十九世紀末の子どもの読書体験
 5 子どもの読み物の誕生──『こがね丸』の出版
 6 子どもの読み物の黎明

第3章 子どもの消費生活と駄菓子屋
 1 小波の生活と金銭
 2 子どもの小遣い
 3 ハレの日の縁日、ケの日の駄菓子屋
 4 樋口一葉の駄菓子屋
 5 駄菓子屋の誕生

第4章 「児童の世紀」の影
 1 統制・禁止の対象になった子どもの読み物と駄菓子屋
 2 〈子どもの領分〉に閉じ込められて

第5章 ふたたび光を求めて──個性としての〈子ども〉
 1 大人と子どものバリア・フリー
 2 権利の主体としての子ども
 3 〈子ども〉という個性あとがき

著者プロフィール

加藤 理  (カトウ オサム)  (

1961年、宮城県仙台市生まれ。早稲田大学教育学部教育学科卒業、同大学院文学研究科教育学専攻修了。現在、中央大学、白百合女子大学などの講師。子どもの育ちと文化、子どもの文化史、子ども史などをおもな関心領域とする。著書『「北の国から」の父と子』(久山社、1998年)、『育つということ』(久山社、1998年)、『<めんこ>の文化史』(久山社、1996年)など。

関連リンク

青弓社

上記内容は本書刊行時のものです。